「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
今日のタマモノ

今にも雨が降りそうなので早めにチャッチャと。(^o^)


スポンサーサイト
JR東日本 東京総合車両センター夏休みフェア2017

■平成29年(2017) 8月26日(土) 一時  気温 32.1℃ 


毎年8月の最終土曜日に開催されるJR東日本の「東京総合車両センター夏休みフェア」。
去年見に行ったので今年はいいかな~と思っていたど、かつて人気を誇ったブルートレインの牽引機
EF65-1000番代とクモハ12の旧型国電が展示されるということで出動しました。

IMG_1093
午前中は用事があったので午後イチで会場入り。14時頃から雨が降るとの予報だったので時間との
勝負です。(笑)


IMG_1095

入口を入るといつもの209系試作車両がお出迎え。


IMG_1113

洗浄線体験乗車などの人気コーナーは10時の開場直後に整理券が無くなるのではなっから行く気は
ありません。大人しくフツーの展示を見物しましょう。(爆)


IMG_1116

毎度人気の運転シミュレータ。電車でGo!風!?


IMG_1117

でも運転台はホンモノっぽい。


IMG_1122

クレーンでの車体吊り上げ実演、今年の車両は常磐緩行線のE233系。時間が無いので今回はパス。

昨年の様子はこちら。
JR東日本東京総合車両センター夏休みフェア2016 車体吊り上げ実演 ①
JR東日本東京総合車両センター夏休みフェア2016 車体吊り上げ実演 ②


IMG_1136

こちらも毎度人気の車掌体験。120分待ち~(^_^;)


IMG_1139

総武緩行線のE231系500番代(左)と中央快速線のE233系。(右)


IMG_1140a

E233系の行先表示は「特別快速松本行」。ホントにあったら18きっぷシーズンに大繁盛かも。


IMG_1175[4]
今回一番の目玉はこれかな。


IMG_1160

かつてのブルートレインブームも今は昔。
子供の頃、よく東京駅まで写真を撮りに行ったのはいい思い出


IMG_1161

出雲か。。。何もかも皆懐かしい・・・(ばき)

そーいえば、あの記事も。今世紀中には完成させよう。(^o^)



IMG_1166

EF81のお召し仕様。EF65とEF81、国鉄電機不朽の名機ですなぁ。


IMG_1173

今回はこれを見るために来たようなもの。(笑)
昭和5年頃の製造なので、車齢は90年近い。20年ほど前まで鶴見線で活躍していました。



IMG_1176

クモヤさんも忘れずに。今や貴重な事業用車。


IMG_1178

撮影場所はこんな感じ。スゲー人数の人、ひと、ヒト。。。レアな車両展示が会ったこともあり、撮影
コーナーはいつにも増して大盛況。怒号が飛び交うこともなく、皆譲り合って順番に撮影していたのが
良かったです。ただ、この暑さ。密集地帯には汗臭が蔓延していたのは堪えました・・・(^_^;)


IMG_1187

これも毎回人気の構内試乗。昨年試乗したので今回はパス。今回の車両はE217系でした。


IMG_1188

お約束の展示。各種イベントで移用されたヘッドマークの一部。


IMG_1189

展示物は前回とあまり変わらず。


IMG_1192

工場内には日常の整備点検で使用する機材が。さりげなく40tプレス機なんてのが鎮座しているけど、
さすが電車用。すごいねぇ。


IMG_1195

電車の屋根の上に載っているクーラー。間近で見るとデカいです。


IMG_1206

モーター整備の様子を解説するコーナーではsuicaのペンギンちゃんがサポート。(笑)
奥に見える白い物体はもしや・・・


IMG_1211

suicaペンギンの親分がエラそうにふんぞり返って見守っています。(笑)


IMG_1214

車輪と綱引き、のコーナー。


IMG_1216

台車組み立ての実演コーナー。ここも時間の都合でパス。

昨年の要はこちら
台車組み立て作業実演


IMG_1222

吊り上げた車体を載せる「ウマ」も電車用は半端ない大きさです。


IMG_1231
これは連結器の取り付け実演コーナー。


IMG_1223

これが電車の連結器。密着式連結器といいます。下半分のかまぼこ上の部分は電気連結器といって
車両間の電気回路を接続する、いわばコネクターの部分。連結する際はかまぼこ状のカバーが開いて
中から電極ピンが現れます。


IMG_1224

これは中間車両同士を連結する「棒連結器」。動力車のユニット編成等、通常連結・切り離しを
しない車両同士は、この棒連結器で連結します。


IMG_1240
こちらも人気の「運転台で記念撮影」のコーナー。
suicaのペンギンちゃんとのツーショットも撮影できます。(オサーンは恥ずかしいのでやらないけど・・・)

今回は午後から雨の予報だったので駆け足での見物と相成りました。(実際13時半過ぎから雨)
近頃では家族連れも大変多く、 かつてのマニア向けイベントの様相はどこへやっら。小学生には
夏休みの自由研究のネタになるかも しれません。
次回は・・・レアな車両展示とか新たな展示物があったら訪れてみようかな。


昨年の様子はこちら
JR東日本東京総合車両センター夏休みフェア2016 ①
JR東日本東京総合車両センター夏休みフェア2016 ②


おしまい
                                      平成29年8月27日(記)





今日の鉄系イベント (その2)





前回は来なかったから、4年振りかも!?



今日は鉄系イベント



3年振り?くらいに来ました。



特別展「京王電車がとおったころ」@府中市郷土の森博物館

■平成28年(2016) 9月 3日(土) 気温 31.5℃

府中駅開業100周年を記念して、7月から今日(9/4)まで開催していた「京王電車がとおった
ころ」展を見て来ました。開業に至るでの経緯や開業時の様子、そして目玉は幻の府中駅とも
言われている旧玉南鉄道の府中駅の再現模型など、貴重な資料の数々が展示されていました。

P1400695
府中駅に掲示されている案内板。会場の「府中市郷土の森博物館」へは、府中駅もしくは
分倍河原駅から路線バスを使うのが一般的。


P1400697

しかしウォーカーたるもの、ここは歩いていきます。旧下河原線(貨物線)跡地を利用した遊歩道
をてくてく。約2km、30分の道のりです。


P1400743
途中、旧東京競馬場前駅跡地に寄り道しながら、郷土の森博物館へ。ここを左折すれば
もう少しです。


P1400746
さっそく中へ。特別展自体は無料ですが、郷土の森博物館の入場料
200円を払って入館します。


P1400748

宿駅制度の廃止で、経済的な地盤沈下が懸念された府中市。


P1400749
お子ちゃま向けにわかりやすく書かれた説明もあるニャー。(笑)


P1400750

長いこと、甲武鉄道は甲州街道沿道の反対で、人里を避けた田畑(現在の三鷹。小金井、
国分寺)を通したという説が唱えられてきましたが、実際は違っていたようです。


P1400763

大正5年(1916)の開業当初走っていた京王線最初の電車の模型。


P1400768

京王電気軌道(現京王電鉄)府中駅の図面。けやき通りの東側、現在とほぼ同じ位置にあった
そう。


P1400770

なんか、展示室の真ん中に電車の張りぼてが鎮座しているなぁ、と思ったら、この中にも展示物
が陳列されていました。(ばき)


P1400781

こちらは当初別会社だった旧玉南鉄道(府中~東八王子)の府中駅の再現模型。京王電気
軌道の隣にあったそうです。


P1400788

旧玉南鉄道府中駅の貴重~な図面。玉南鉄道と京王電気軌道は、府中駅開業後わずか
3年で合併したため、ま


P1400794

国からの補助金を目当てに、あえて府中~東八王子を別会社に造らせましたが、奇しくも
その目論見は外れてしまいました。


P1400797

そのため補助金をもらえるようにと軌間(線路の幅)をわざわざ官営鉄道と同じ1067mmである
ことがかえって裏目に。京王電軌の軌間は1372mmなので、直通運転が出来ないデメリットだ
けが残ってしまいました。(その後、京王電軌に合わせるための改軌に3年を要した。)

それにしてもこの展示、写真ではわかりづらいけど、スケール合ってるのかな? どう見ても京王
電車の軌間が1435mm(標準軌)くらいに見えるんですけど・・・(ばき)
玉南鉄道の軌間が1372mmくらいに見える。。。
※見学後のアンケートに指摘しておきました。(爆)



P1400799

大正14年(1925)ころの京王線の電車。


P1400803

懐かしい行先表示板。


P1400804

京王電車の沿線名所案内。昔は各鉄道会社毎に、このような個性的な沿線名所案内を
作成して乗客誘致に励んでいたそうな。


P1400808

こういった沿線案内図では、各社アピールポイントをものすごく強調するのがお約束。京王電車
の場合、調布村(当時)にあった遊戯施設「京王閣」や高尾山、多摩御陵などが観光の目玉。
「京王閣」なんか、これでもか!と言わんばかりにデフォルメされまくり~。(笑)

ちなみに、京王閣というのは競輪場ではありません。当時は遊園地でした。戦後、京王閣の敷
地の一部が売却されて競輪場が造られました。


P1400821
あ、この記念きっぷ、持っていたかも~。


P1400840
昭和60年(1985)頃の走行映像(運転席からの撮)を上映していました。
このころの京王八王子駅はまだ地上駅!懐かしい~。
(すでに地下化工事が始まっている様子がわかります)


貴重な資料の数々が展示されており、とても興味深く見学しました。 いつぞやの東村山郷土
資料館とか、調布郷土資料館など、地域の郷土資料館で開催される企画展は侮れませんねぇ。


おしまい

                                      平成28年9月4日 (記)

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ