「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
江戸川沿いの新緑と幕末の歴史を感じるウォーク ②
■平成25年(2013) 5月18日(土) 晴れ 気温 23.9℃ 歩いた距離 15.2km

江戸川沿いの新緑と幕末の歴史を感じるウォーク① からの続き。

P1040663
江戸川の土手に出ました。コースの後半、ここからはしばらく土手沿いを歩きます。

P1040672

ちょうどJR武蔵野線の鉄橋を電気機関車の単機回送が通過しました。EF64かな?

P1040675

鉄橋をくぐり抜けたところで今度は反対方向の貨物列車が通過~(^o^)

P1040680

海まで26.5km。

P1040681

途中から遊歩道が3倍くらいの幅に広がりました。堤防強化の副産物ですね。

P1040682

昔ここに渡し船があったんですね。

P1040683
P1040685
水道橋かと思ったら…


P1040684
ガス橋でした。P1040693
この辺り、季節風が強いのかな? 旧来の家屋の周囲にはびっちりと防風林が
植えられています。

P1040691
写真の中央、ひときわ背の高い木立は神社です。

P1040695

幅広の遊歩道、ここで元の狭い幅に戻ってしまいました。P1040701
久しぶりの巨大水門。松戸水門といいます。

P1040698
水門の下部が植物園状態になっていました。(ばき)

P1040706

土手にある一里塚って珍しい~。

P1040707
川の一里塚と言うのだそうです。

P1040705
一里塚の脇には、まこも緑地があります。ヨシなどの水生植物が生い茂り、釣り
人が集まる松戸市民の憩いの場だそうです。

P1040709

この日は物凄く風が強かったです。ノボリも引きちぎれんばかり。

P1040714

新興住宅地に防風林はありませんね。

P1040716

土手に上がってから約4km歩きました。

P1040717

土手沿いはここでおしまい。

P1040718

石州瓦の赤茶色は見たことあるけど、ほぼ真っ赤な瓦って珍しい。

P1040720

お~!ダイハツのミゼットだ! 車検シール貼ってあるし、こうやって駐車して
あるってことは走るのかな?

P1040724
この池のような水たまりは…

P1040723

カンスケ井戸と言うそうです。

P1040726

ゴールまであと2kmを切っていますが、コース終盤でこの階段はなかなかキツし。

P1040732
ゴール地点の向かいにある風早神社。松戸市内で最も古い神社。平将門の子孫で
この近辺の地頭、風早四郎胤康の屋敷跡だそうです。

P1040728

ゴ~ル~ \(^o^)/ ゴール受付締切時刻は14:30と異様に早い設定でしたが、
さすがにそんなに早い時刻ではゴールしきれない人が多数続出。そのためか15時
過ぎまで受付していました。(だったら最初から受付終了を15時にしておけばい
いのに。(笑))

P1040729

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。 20350歩でした。

P1040735
参加賞は東武、京成、新京成、北総各社の車両イラスト入りメモ帳。勿体無くて
使えないヨ。(爆)

P1040734

帰りはゴール最寄りの上本郷駅から新京成線に乗って松戸駅へ。新京成、久し振り
に乗ったなぁ。


今回のコースはこんな感じ。このエリアは初めて歩きました。北総ウォーク同様、
変化に富んだコースでなかなかいいコースでした。年に何回か開催してるのかな?
次回も日程たが合ったら参加しよう。

おしまい
                           平成25年6月2日 (記)

スポンサーサイト
江戸川沿いの新緑と幕末の歴史を感じるウォーク ①
■平成25年(2013) 5月18日(土) 晴れ 気温 23.9℃ 歩いた距離 15.2km

この日は京王沿線ウォーキング@多摩境も開催されていて、そちらも捨てがた
かったのですが、初めての4社合同ウォークに参加しました。

P1040597
関東の民鉄では最速の時速130km/hを誇るつくばエクスプレス(TX)に乗ってスタート
の流山おおたかの森駅へ。いやぁ、それにしてもこのTX、各駅停車でも軽く100km/h
は出すので速くていいですね~。どこぞの名ばかり特別快速とは違います。

P1040603

スタート受付場所は駅構内かと思いきや、駅から徒歩5分の西初石近隣公園。
うっかり場所をチェックして来なかったので、ちょいと道に迷って遠回りして
しまいました。駅員さんに場所を聞いたけど、イマイチよくわからなかったし、
案内の掲示も無かったような…
そんな訳で、受付時刻の11時を20分も過ぎてしまったけれど、まだ撤収せずに
受付けしていたのは助かりました。(^_^;)

P1040605

秋葉原までTXで
約30分の場所ですが、たぬきとかきじとかいるんですねぇ。
うちの方と大して変わらないや。(爆)

P1040606

お~、線路の枕木を再利用した塀。いいですねぇ。以前、川越で枕木を売って
いるの見たことあります。

P1040607

流山市総合運動公園に到着。アスレチックがあって、子どもたちが遊んでいました。

P1040609

デゴイチ(D51型蒸気機関車)と仲良く並んでいるこの車両はいったい…(・・?

P1040615
かつて流山鉄道で活躍したガソリン客車だそうです。

P1040610

一応屋根はあるものの、痛みが激しいのは否めないですねぇ。

P1040611

通常、機関車の先端に取り付けてある雪かき器(スノープラウ)が、何故か取り外さ
れて展示してありました。

P1040614

フェンスが締め切られて近くで見学できなかったのですが、その理由がこれ。
う~ん、アスベストですか。そういえば、今時の小学生の理科の実験ではアル
コールランプって使うのかな?昔はアルコールランプの置台として、石綿を使
っていたけどあれって、思いっきりアスベストじゃん。(ばき)

P1040617

流山おおたかの森駅の隣、流山セントラルパーク駅。素直に流山中央公園駅って
すればいいのに。安易にカタカナ化し過ぎ。

P1040620

この先で左折して畑の間の細道へと進みます。

P1040622

ネギ坊主。

P1040625

大宮神社の境内を抜けていきます。

P1040627

今日の鉄ポイント。流山鉄道の終点流山駅。駅の上を歩道橋が通っていて、駅を
俯瞰できます。

P1040628

流山鉄道では、元西武鉄道の車両が使われています。ただ今の時間はお昼寝中。

P1040630

昭和ノスタルジックな流山駅舎。昔はこんな感じの駅があちこちにありました。

P1040631

自動改札ではない、昔ながらの改札口。都市部の駅から消えて久しいです。

P1040736
さらに、流山鉄道では今や希少な硬券切符を売っているのです。せっかくなので、
記念に隣駅までの乗車券と入場券を購入しました。(某ブログでも紹介してかな?)

P1040634
浅間神社といえば、もしや!?

P1040635

そう、富士塚ですね!

P1040636

拝殿の裏側へ回ると…

P1040637

じゃ~ん、富士塚。ここのは結構大きいです。

P1040640

登頂成功。(ばき)

P1040641

頂上からの眺め。結構高さがあります。

P1040649
続いては本日のコースの目玉(?)近藤勇陣屋跡。

P1040646
流山が近藤勇と縁の土地だったとは知りませんでした。(歴史に疎いので…(ばき))

P1040647



P1040648


P1040652

旧街道チックなくねくね道。nさんが好きそうです。(ばき)

P1040657
古風な建物は一茶双樹記念館。

P1040655

江戸時代の俳人小林一茶は度々流山を訪れており、醸造業を営む秋元三左衛門
(雅号:双樹)と親交が深かったそうです。それを記念して造られたのが、この
記念館だそうです。

P1040656

ウォーキングの参加特典で入館料が割引になるようでしたが、立ち寄らずにスルー。

P1040659

赤城神社の山門に巨大な注連縄が!

P1040660

注連縄は長さ約10m、太さ約1.5mもあるそうです。そして重量はなんと約500kg!

その②に続く。
                           平成25年6月2日 (記)
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ