「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
そうだ、奈良行こう。

といったわけで、(どこかのキャッチコピーの

ようですが・・・)世界遺産の吉野山に桜を見に

行って来ました。吉野山は“よしのさん”では

なく“よしのやま”なんですね。



吉野山へは近鉄で行くのが定番。玄関口

となるのは吉野駅です。

この駅、ICカード(Pitapa,ICOCA,Suica)は

使えるのですが、磁気カード(関東の私鉄の

パスネットみたいの)は使えないんです。

なので磁気カードで乗った人は精算所で清算

しないといけないのです。

なもんでご覧のように降りるための清算待ち

で大渋滞。

Suicaは使えないのでスルッと関西という磁気

カードを使って来た私も当然渋滞に並ばざるを

得ませんでした。

観光客が大勢来るのだから何とかしてよ、

近鉄さん。



駅前も大混雑。



さらに吉野駅から中腹の中千本へ向かう

バス待ちで長蛇の列が・・・



奈良交通バスには鹿さんのイラストが。


如意輪時入口。後醍醐天皇陵があるそうで。


なんだか鉄道っぽい形状のトンネル。



中千本でバスを降りてから、上千本経由で

奥千本を目指しててくてく登る登る・・・

へぇ~、くずの根っこ。




中千本と上千本の間くらい。







展望台。しいたけご飯おいしそうなにおいが

漂っていました。


でかいしいたけ!













吉野水分神社。「よしのみくまりじんじゃ」と

読みます。普通読めません・・・(^_^;)






杉林の中をてくてく。スギ花粉症の人には

厳しいかも。





奥千本までもうひと息、といったところの

高城山休憩所。もうひと息ですが、桜も

つぼみだし、結構疲れてきたのでここで

挫折して引き返しました。(^^ゞ



まだ桜はつぼみです。




来週~再来週あたりが見頃のよう。








行きにさくらアイス を食べた茶屋の裏からの

眺め。



















吉野駅まで戻ってきました。帰りは座って

行きたいので列車を2本見送り・・・

おや、飛行船が飛んでました。


橿原神宮前からは乗車時間30分弱ですが

ババンと特急で。


昭和53年に登場した3代目ビスタカー
2階建てです。



1階と2階をつなぐ階段部分。観葉植物が

飾ってあります。



30000本とも言われる桜は見事でした。

それにしても、ものすごい人出だなぁと思って

いたら、地元紙の報道ではこの日曜(4/12)は

今年最多の人出だったそうです。



080412_200504.JPG

夕飯は釜揚げうどん定食を食べました。


080412_200817.JPG
中に桜の花びらが。旬ですねぇ。



スポンサーサイト
そうだ、奈良行こう。~山の辺の道をてくてく編~

記録に残る日本最古の道と言われる

山の辺の道をてくてく歩いてきました。

(2008.4.13(日))


むか~し、歴史の時間に習った記憶が

かすかにありますが、よく覚えていません。

もっとちゃんと勉強しておけば良かったなぁ、

と毎度のことながら後悔。(^_^;)



一般的なコースは天理~桜井の約16km。

太陽を背に歩きたかったので、今回は桜井

からのスタートです。

甘党には隣の「大福駅」が気になりますね。(笑)


桜井駅からしばらくは普通の市街地を抜けて

ここからが山の辺の道になります。


石畳風の路面にこのようなイラストが埋め

込まれています。


要所要所にこのような案内板が立っているので

助かります。


時代を反映してQRコードが掲示してあります。

ケータイで読み取れば案内のHPにアクセス

出来ます。


この辺りは仏教伝来の地だそうで。

知りませんでした。(^^ゞ


このような民家の間の細い道を

抜けていきます。


民家の間を抜けていくと突然この建物が

現れます。





金屋の石仏。



また木立の間を抜けて・・・





三輪平等寺の赤門下です。


極楽への階段!?


平等寺の主、お食事中。

立派なおうちです。(笑)




ただ今、つめ研ぎ中。



Photo-0203.jpg

この平等寺は581年に聖徳太子が建立した

ものだそうです。なんと、約1400年前!






大神神社の手水舎(ちょうずや・てみずや)

(手を清めるところ)


お清めのやり方が説明してあるのですが、
女の子のイラストが何とも微妙な感じ!?





立派な拝殿です。


この時期に紅葉!?


二の鳥居


おおみわじんじゃ、と読みます。

(普通、読めません・・・(^_^;))


ポン大将って名前が面白いです。


一瞬「アベック昇天」かと思って

しまいました。(^_^;)「奉天」です。

奉天(ほうてん)とは中国・遼寧

(りようねい)省の瀋陽(しんよう)

の旧称ですが、ここでは、おこし種

さらし飴で巻いたお菓子の事を

言っています。



一般の民家ですがとても立派なお宅です。


普通の家なら玄関でも十分なくらいですが、

これは勝手口です。目

御神木かな?大きいです。



茶屋で手作りクッキー等を売っていました。

ラスクがおいしそうだったので買ってみた

のですがイマイチでした。(-_-;)


またまたのどかな道を行きます。



神武天皇も訪れたようです。


100円ショップ!


石畳の道をてくてく。



桧原神社に到着~


砂利がきれいな模様を描いています。





何でも100円の100円ショップ。

って、何もないじゃん!


代金はこの穴に入れるらしい。

つまり一番上の引き出しが金庫の役割。




植木が見事なまでにま~るく刈り込んで

ありました。




三輪そうめんって有名なんですね。

知りませんでした。。。(^^ゞ


日も暮れてきたし、雨も降って来たので

今回はこの辺でてくてく終了。

JR桜井線の巻向駅から電車で撤収。

桜井~天理の1/3ちょっと歩きました。



待合室にはどこかで見たことあるような

座布団 が・・・



おしまい

そうだ、京都行こう。~緑の桜を訪ねて編~

先日のコメントで「緑の桜」のことが書いて

あり気になったのでググってみたところ、

京都の仁和寺にあることが判明。

そこで予定を変更して行ってみることに。

(2008.4.14(月))


京都から山陰本線で花園駅まで行きます。

最近ではすっかり珍しくなってしまった、

湘南色の電車です。

花園駅から仁和寺へ行く途中にある

枝垂桜。


080414_125207.JPG
途中で京福電鉄嵐山線、通称嵐電

(らんでん)の御室仁和寺駅の横を通過。


仁和寺に到着~

御室桜満開~桜

御室桜の特徴は高さが低いことだそうです。

なぜ低いのかは、これまで謎でしたが長年

の研究・調査の結果、最近になって原因

わかってきたそうです。

見事なピンク色です。

五重塔






平日なのに結構な人手です。


















絵葉書的アングル。






さて、本日の目的である緑の桜は御衣黄

という種類をいいます。

ここ仁和寺には2~3本あるそうです。


みごとに緑です。

こちらは緑というよりは黄色です。
















金堂

仁和寺撤収。このあとはひこにゃんに会いに

彦根城へ行くつもりでしたが、思いのほか

仁和寺に長居し過ぎて時間が遅くなって

しまったので予定を変更、嵐山周辺を周る

ことに。

嵐電で嵐山へ向かいます。

嵐山駅には足湯があるので寄っていきました。


080414_144424.JPG

嵐電の1日乗車券を買うと付いてくる割引券

を使うと50円引きの100円になります。

080414_145021.JPG

この日はインターナショナルな足湯温泉でした。

080414_145106.JPG

話していることばから、どうやらフランス人の

観光客ご一行様のようです。

アザブジュバ~ン!(笑)

080414_145719.JPG
タオルは嵐電のイラスト入りです。

嵐山駅からてくてく。

高校生のとき修学旅行で訪れた常寂光寺を

目指します。








常寂光寺に到着~




紅葉だとさぞかしきれいでしょう。

また訪れたいです。



結構標高が高くて眺めがいいです。




眺めがいい~






常寂光寺撤収。

ここはトロッコ列車の嵐山駅。JR山陰

本線上を走って来たトロッコ列車は

ここで分岐します。


懐かしい~。この竹林を同級生と歩きました。

このあとは再び嵐電に乗り、さらに地下鉄に

乗り継いで京都駅に向かいました。



おしまい


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ