「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
さようなら、えきぽ


えきぽ終了
駅からハイキングの陰に隠れて、いまひとつパッとしなかった感のある「えきぽ」。

八王子支社の単独開催だったみたいだし、やっぱり参加者が少なかったのかしらん?

今月末で終了とのこと。(実は既に1月頃に発表されていました)


駅ハイには無い、意外な穴場コースの設定があったりして、好きだったんだけどねぇ。

駅ハイに限らず、イベント開催がほとんどない夏場のウォーキングにも重宝しました。

目ぼしいコースマップはダウンロードして取っておこうっと。



スポンサーサイト
過去と未来が同居する、高輪御殿山で大人気の社会科見学 ②
■平成26年(2014) 7月26日(土) 気温 33.6℃ 歩いた距離 8.4km

過去と未来が同居する、高輪御殿山で大人気の社会科見学 ① からの続き。

品川駅前を右折してユルユル坂を上っていきます。

P1200365
悪徳商法などの相談処でお馴染みの国民生活センターって、品川にあったのねん。

P1200366

品川駅前から続くユルユル坂は柘榴坂というそうな。
ところで、柘榴(ざくろ)って、なんとなく「たくる」って
読んでしまいそう…(ばき)

P1200368

柘榴坂を上り切る直前にグランドプリンスホテル新高輪があります。そこに設置
してあった看板。ワンちゃんという表記が、なんだかやさしく語りかけるような
雰囲気。

このグランドプリンスホテル新高輪のある側の歩道を歩いていたせいで、本来曲
がるはずの交差点を通りすぎてしまい、前半で訪れた物流博物館の目と鼻の先ま
で行ってしまいました。(ばき)

P1200370

コースに戻り進むと、ユニセフハウスがありました。中を見学できるようです。
休館日は第1,3,5土曜日と日曜・祝日とのことで、この日(第4土曜日)は見学出
来たようですが、休館日かと思ってスルーしてしまいました。(ばき)

P1200374

希望ナンバーの分類番号って○○330~399までだけど、この番号はもうじき
使いきってしまいそうな勢い。使い切ったらこの番号は打ち止めになるのかな?

P1200375

アイスランド共和国大使館。
(Aさん、ストリートビューでほぼ同じアングルの写真が見られます。(ばき))

P1200376

これはシンボルマークとでも言うのかな?

P1200377

バブルが弾け、失われた10年などとも言われてきましたが、やはり都心の1等地
の住宅は高いですね~。庶民には手の出せない価格です。(ばき)

P1200378

高輪の住宅地を通り抜けると御成門通りを横切ります。この御成門通りを進むと、
品川の八ツ山橋に出ます。

P1200380
御成門通りの由来。

P1200381

チェックポイントの1つ、原美術館。美術館は興味ないのでスルー。(ばき)

P1200386

ヒスイって、漢字ではこういう字を書くんですねぇ。

P1200387

翡翠原石館のすぐ前で、えきぽの今回のコースと品川駅発着のコースが合流。
しばらく同じコースをたどります。

P1200392
どこかの公園のようですが、実は高層ビルの周囲に設けられた公開空地です。
公開空地とはその名の通り誰でも利用できるオープンスペースのことで、容積率
などの建築規制を緩和する代りに設置を義務付けられるものです。

P1200393
この繁みの向こうに高層ビルが建っておりとは思えないほどの光景。

P1200388

近くには周辺の地名の由来を示した案内看板が設置されていました。

P1200389

御殿山には太田道灌の館があったんですねぇ。

P1200390

環状6号線(山手通り)が多摩地区に通じる歴史ある通りだったとは意外!?
初めて知りました。

P1200395

公開空地脇の空な坂を下っていきます。あまりにも急な坂なので、途中にベンチが
設置されていました。

P1200397

コースマップの目標物に「ミニストップ」と書かれていたけど、なかなか見つ
からず。どこにあるのかと思っていたら、こんな所に! ビルの1階の奥まった
ところにありました。(^_^;)

P1200399

山手線が見えてきました。ゴールの大崎駅はもう少し。

P1200400

目黒川に掛かる橋が居木橋。春は桜がきれいに咲きますね、目黒川。

P1200406

大崎駅前にそびえ建つ GATE CITY OHSAKI。階段ではなくエスカレータを上って
大崎駅へ。

P1200409

ゴ~ル~ \(^o^)/

P1200408
さてさて、今日は何歩かな? じゃん。11153歩でした。


今回のコースはこんな感じ。この辺り、今まで歩いたこと無く、今回も新たな発見
の連続でした。次回は品川駅のコースを歩く予定です。

                          平成26年8月15日 (記)

おしまい

過去と未来が同居する、高輪御殿山で大人気の社会科見学 ①
■平成26年(2014) 7月26日(土) 気温 33.6℃ 歩いた距離 8.4km

前回の日暮里駅コースに続くえきぽ第2弾。いろいろ良さ気なコースがたくさん
あって、どれにしようか迷いましたが、今回は大崎駅のコースに決定。

P1200271
スタートは大崎駅の北改札口。夏休みということもあって、駅構内ではポケモン
スタンプラリーに参加中のチビッコへ向けた案内放送が頻繁に行われていました。
家族連れが賑わう北改札口から、休日のため人気の少ない通路を通り抜けてコー
スを進みます。

2014-08-15 14.57.33
スタート早々に「容器文化ミュージアム」なる見学スポットがあるのですが、
見学は平日のみ。この日は土曜日なので見学は出来ませんでした。残念!


P1200278

閑静な住宅地を進みます。途中、清泉女子大学の前を通過し、突き当りを右折
すると階段が現れます。やはり東京は坂や階段の多い街と実感。

P1200280

スタートから20分ほどで物流博物館に到着。でもココ、実は品川駅からなら
徒歩5分ほどで来られるのです。(笑)

P1200281

ちょうど少し前に新聞の記事でこの物流博物館のことを知り、訪れてみたいなぁ
と思っていてところでした。8月は「街道の旅と輸送」という企画展を開催中。

P1200282

この物流博物館は16年前に開館したそう


P1200287

最初に企画展の「街道の旅と輸送」コーナーを見学。これは東海道品川宿の模型。
精工で良く出来ています。館内は一部の展示物を除いて撮影可能。ありがたや。

P1200291

信州地区で発達した馬を使った輸送手段。幕府直営(?)の街道輸送は、宿場毎に
人馬を中継して輸送するシステムのため費用がかかりますが、この中馬は中継
無しで輸送するので費用が抑えられるという特長があったそうな。

P1200295

これは明治初期の旅指南書。いわば現代のガイドブックに相当するのだそうな。

P1200297

指南書の中身(複写)が展示されていましたが、ここでは割愛。

P1200299

時代は一気に流れて、これは現代の物流拠点のジオラマ模型。
マニアにはタマランチ。(爆)

P1200301

これは鉄道輸送の拠点。貨物ターミナル駅です。

P1200303

これはトラック輸送の拠点。トラックターミナルですね。

P1200305

これは海上輸送の拠点。港湾施設です。キリンさん(クレーン)もいますねぇ。

P1200307

これは航空郵送の拠点。空港です。

この物流博物館、全体的に小ぢんまりとした施設で、少々物足りなさ感は否め
ませんが、展示されている資料等はなかなか見ところ満載です。物足りないと
言ってる割には、なんだかんだ1時間も長居していしまいましたが…(爆)

P1200311

高野山東京別院。高野山って、和歌山県のあの高野山!?

P1200313

どこかレトロなデザインの高輪消防署庁舎。

P1200317

署内にはレトロな消防車もありました。これって現役なのかしらん?
(でもナンバープレートが見当たらないね)

P1200318

二本榎? 一瞬、街道の一里塚?かとも思いましたが…

P1200316
かつて品川宿の手前に実在した二本榎を模したものでした。

P1200320

山手線に新駅が誕生するようですが、早くも地元では新駅名の候補が盛り上がって
いるようです。高輪も悪く無いですが、乗り換えの利便性を顧慮すると、泉岳寺も
無難な気が…う~ん、悩ましいですなぁ。って、ここで悩んでどーする。(ばき)

P1200324

伊皿子坂を下って泉岳寺方面へ。

P1200328

泉岳寺に到着。初めて訪れました。

P1200339

泉岳寺といえば…四十七士のお墓ですね。歴史には疎いですが、さすがにこれは
知っていました。(ばき)

P1200343

ビルと一体化した神社。屋上に社殿があるのかな?

P1200345

国道15号線に出ました。年始は箱根駅伝の応援で盛り上がりますね。

P1200349

品川~田町間の旧田町電車区付近にやって来ました。

P1200357

かつてはたくさんの電車や客車が停車していた旧田町電車区と旧品川客車区。
今は昔…です。奥の方に集約された現在の車両基地である田町車両センター
があります。

P1200360

ここを走る山手線と京浜東北線も、数年後には左手奥に移設される計画です。
写真左奥の高架橋は戦前に計画、一部着手された幻の京浜急行線高架橋跡。
京浜急行といっても、現在の京急ではありません。(当時はまだ京浜急行電鉄は
存在せず、京浜電鉄と湘南電気鉄道の別会社)

P1200361

品川駅の方を見てみると、赤い京急の電車が地下トンネルからでて品川駅に到着
するところです。


せっかくなので、動画もどうぞ。

P1200364

国道15号線を進み、品川駅前までやって来ました。


続く

                          平成26年8月15日 (記)
歴史と下町情緒が入りまじる「にっぽり」を歩く ③
■平成26年(2014) 7月13日(日)  気温 27.7℃ 歩いた距離 11.8km


歴史と下町情緒が入りまじる「にっぽり」を歩く② からの続き。

P1200160
尾久橋通りの交差点にやって来ました。尾久橋通りは鶯谷駅前から西日暮里駅前
を経て埼玉県の川口市方面へと延びる通り。西日暮里駅前から埼玉都の都県境
付近まではほぼ一直線に北上します。ずーっと進むと上尾まで通じています。

P1200164

交差点の形状が複雑なので、このような見取り図が設置されていました。

P1200166

熊野前交差点から先、町屋駅前まではずーと都電荒川線に沿って歩いて行きます。

P1200168

都電と花。

P1200173

都電の町屋駅前停留所。

P1200178

京成のスカイライナーが通過中~(^o^)

P1200181

町屋駅前にある泊船軒。名前だけ見るとラーメン屋かと…(ばき)
元々、寛永4年(1627)湯島に創建され、大正12年(1923)の関東大震災後、現在地
に移転したそうです。

P1200182

アングルを引くと…背後には巨大なマンション! ( ̄ロ ̄lll)

P1200191
続いてやって来たのは区立荒川公園。

P1200183

小高い丘の上にある東屋。

P1200186

公園内には池も。釣りをしている人がいたけど、特に禁止はされていないのかな?

P1200187

なんかモアイ像みたいですが…

P1200188

韓国の済州市との友好都市提携の寄贈品らしいです。

P1200192

前回のTOKYOウォークでは、昔ながらの手押し井戸を見かけましたが、これは
今風の近代的デザインの手押し井戸。これも緊急時の防災井戸だそうです。

P1200193

これは何の花かな。花のセンセ、よろぴこ。(笑)

P1200195

明治通りを超えて三河島方面へ。

P1200202

三河島駅近くの仲町通り商店街には、いまや貴重な銭湯がありました。

P1200203

ガス遠赤外線…ちと不思議だけど、それなりに御利益があるのでしょう。(ばき)

P1200204

常磐線の三河島駅を通過。

P1200207

七五三通りだって。荒川区の道路名称一覧によると「戦時中拡幅された道路で
当時、日暮里町3.5.7丁目が一本化された町会があった。」ことに由来するそう。


P1200208

ここに10階建てのマンションが建設されるらしいのですが…

P1200209

隣接の戸建住宅の住人、かわいそう…(^_^;) ちょうど東南の角地だから、奥の
家は真北に当たるわけで、朝夕以外日中の日差しはほぼ絶望的ではないかと。
向かって左の家も東側を遮られて午前中はダメだね。恐らく用地区分が住宅専用
ではないだろうから建築が許可されるのかな。ウチは田舎で周りは山だからこの
ような心配は一切ないけど。(爆)

P1200210

日暮里駅前へと続く日暮里中央通りを右折すると、ゴールはもうすぐ。

P1200211

地域の掲示板。どじょうつかみ大会、楽しそうですねぇ。あ、子供向けみたい。

P1200212

この界隈はにっぽり繊維街とも言うそうで。布の街なんですね。

P1200213

といった訳で、このような衣類や繊維などの店が数多くのきを連ねています。

P1200214

中にはこんなものも。ワンちゃんのお洋服~。(^o^)

P1200217

日暮里駅に到着~。東口の階段を上り、改札前へ。特にゴール受付はありません。

P1200220

再び駅前の下御隠殿橋へ。はやぶさ+こまちが通過中。

P1200221

下御隠殿橋の欄干には鉄道車両のレリーフが埋め込まれていました。おしゃれ~。
これは寝台特急の北斗星ですね。廃止され前に乗っておきたいなー。

P1200222

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。17562歩でした。いつもの歩数計は区間
計測のスタート設定を忘れていたのでこちらで代用。(ばき)
(コレ、サービス終了したGPSウォークの端末ですが、未だに歩行時の距離計測用
として利用しています。)


今回のコースはこんな感じ。この界隈は今まで歩いたことが無かったので楽しめ
ました。谷中ぎんざはまた日を改めてゆっくり散策してみたいですね。

おしまい 
                                                    平成26年7月21日 (記)
歴史と下町情緒が入りまじる「にっぽり」を歩く ②

■平成26年(2014) 7月13日(日)  気温 27.7℃ 歩いた距離 11.8km


歴史と下町情緒が入りまじる「にっぽり」を歩く① からの続き。

P1200082
尾久橋通りから左折して住宅街へと進むコースに(・・? と思いつつ歩いて行くと
現れたのは尾久ぎんざ商店街。

P1200084

昨日、今日と商店街のお祭りを開催していたようです。19日は前夜祭。

P1200085

20日が本チャン。

P1200086

なかなかの賑いですねぇ。

P1200087

機関車トーマスとアンパンマンの抱き枕?クッション?
機関車トーマスといえば、この夏静岡県の大井川鉄道では、トーマスを模した
デザインの蒸気機関車を仕立てて運行中とか。見てみたいですねぇ。

P1200091

商店街を進んでいくと、途中の四つ角で別の商店街とこんにちは。ここから先は
はっぴいもーる熊野前商店街。

P1200092

右に曲がると、川の手もとまち商店街。

P1200093

振り返ると今来た道が尾久ぎんざ商店街。

P1200094

はっぴいもーる熊野前商店街では、7/12~7/14に抽選会があったようです。
そうそう、熊野前商店街といえば、今を遡ること20数年前、日本テレビの「天才・
たけしの元気が出るテレビ」て大々的に取り上げられて盛り上がっていたっけ。
番組の企画で、たけし猫まねきなる物が作られて商店街に設置されていました。
果たして、今もそのたけし猫まねきはあるのか?ぜひとも探してみれば良かった
のですが、気づいたのは商店街を抜けてからでした。(ばき)

P1200096

熊野前商店街を抜けると、都電の走る通りへ。この辺りは都電の線路が専用軌道
として整備されていいて安全性の向上が図られています。車道と軌道の分離帯に
ある植栽がいい感じ。

P1200102

こちらは都電の最新鋭車両8800系。

P1200104

チェックポイントの尾久八幡神社。チェックポイントといえば、えきぽでは
チェックポイント付近でスマホアプリで位置情報を登録すると、ポイント通過
の記録がなされる仕組み。

2014-07-13 12.28.22
場所は違いますが、こんな感じ。

P1200106

尾久八幡神社付近から都電の線路周辺を工事していました。中央のやぐら形の
架線柱は、確か開業当初からの物ではなかったかな?これは取り壊されてしまう
のねん…

P1200111

どうやら線路を移設しているようです。

P1200122

両脇の道路拡幅工事に伴い、都電の線路を拡幅後の道路の中央部分に設置する
ための移設工事みたいです。左端が現在の早稲田方面行きの線路。中央が撤去
された従来の三ノ輪橋方面行きの線路。右端が仮設の三ノ輪橋方面行き線路。

P1200127

レトロなデザインの都電がやって来ました。


都電の走行動画。


P1200129

荒川遊園に到着。(ここは遊園地でありません)

P1200130

まだ薔薇が咲いていました。

P1200131

まだまだ鮮やか。

P1200132
遊園地はこの先200mにあります。

P1200133
遊園地の入口前には、懐かしい都電の車両(6000系)が保存展示してありました。

P1200137
荒川遊園の遊園地。(ややこしい?(ばき))

P1200135

この荒川遊園と周辺の住宅地一帯は、かつてのレンガ工場の跡地なんだそうです。

P1200142

一見、民家のレンガ塀のようですが、これがかつてのレンガ工場の外壁だった
そうです。

P1200144

当時のまま上手く利用して門戸を設けていますねえ。

P1200145

こちらは新しく建てられた住宅のようですが、うまく隣家のレンガ塀とマッチした
デザインに仕上げています。居住者さんのセンスが素敵。

P1200146

煉瓦塀は数百メートルにわたって続きます。中にはこんなところも。何かの出入
り用の穴だったんでしょうか。

P1200147

角を曲がってもまだまだ続く。

P1200149

ず~っと続いて、ようやくここで終点。あらかわ遊園入口の角から、ちょうど
長方形の2辺がにわたって続いている感じです。貴重な遺構ですねぇ。末永く
保存していって欲しいところですが、耐震性に問題がないのかが、ちょいと
気になります。

P1200150

飛び出し注意! でも、よく見ると…

P1200151

この絵、怖んですけど~(ばき)

P1200157

住宅街を抜けて、再び都電の走る通りに出てきました。

その③に続く

                          平成26年7月20日 (記)

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ