「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
さようなら、そごう八王子店。
本日2本目。

昨年2月に発表された「そごう八王子店」の閉店。ついに本日1月31日を以って、28年余りに
及ぶ営業に終止符が打たれました。

DSCN1042
開店は駅ビル開業の1週間後の、昭和58年(1983) 11月1日。
その後、そごうの開店によって駅から離れた立地だった大丸が売り上げ不振のため閉店。
(昭和47年開店-昭和60年閉店)
ちなみに大丸の出店で閉店に追い込まれたのは伊勢丹。(昭和44年開店-昭和54年閉店)

DSCN1037
皮肉にも、閉店売りつくしセールで最終日の店内は大盛況。いつもこれだけの集客力が
あれば潰れなかったかもね。

DSCN1038

閉店を知らせる掲示。

DSCN1039

JR八王子駅コンコースにある出入り口。

DSCN1040

このロゴマークともお別れ。地元の商店が入店しているエリア“now”は今後も営業を継続。
ただし、呼称は“CELEO”に改められるとか。

DSCN1045

かつては南口からも見渡せたそごうも、今ではCELEOに遮られてその姿は見えず・・・

28年余りに渡って八王子駅の顔として親しまれてきた「そごう八王子店」。
八王子市の街づくり政策の迷走も閉店に追い込まれた要因の一つと言われていますが、
今の時代、名だたる有名百貨店とて、生き残ることは大変であることの証のようです。

関連記事
スポンサーサイト
運転免許証更新
前回の更新から早5年。5年は長いなと思っていたけど、
あっという間に更新月に。大人になると、時の流れが
早いです。


DSCN1031
無事故無違反のゴールド免許なので最寄りの警察署で
更新可能。(平日のみ)

免許証表面(新)
5年前に道路交通法の改正があり、免許証の種類が変更されて
「中型免許」が新設されました。
前回の更新は道路交通法改正の半年前だったので今回初めて
「中型」が適用。

※免許取得が“昭和”  年齢がバレるね。(爆)

免許証表面(種類)
上が更新前の免許証。下が更新後の免許証。

安全運転に関するビデオとおまわりさんの話を聞いて講習は
30分で終了。
配られた教材は税金の無駄遣いとか、天下り団体の温床とか
いろいろ批判はあるけれど、書かれている内容は事故を起こさ
ないために必要なことばかりです。
初心を忘れずに、より一層安全運転に努めるよう、気を引き
締めて行かなければ。

★税金の無駄遣いは改めてね、警察関係のみなさま★
毘沙門天大祭だるま市と0系新幹線&富士山眺望ウォーキング
平成24年(2012) 1月29日(日) 晴れ 気温 8.1℃ 歩いた距離 9.5km

昨年6月の「
足柄峠」以来のさわやかウォーキング。今回は3月に引退する小田急電鉄の
ロマンスカー「あさぎり号」用20000系の乗り納めも兼ねての出動です。

120129_074837
町田駅から「あさぎり号」に乗車。この車両(20000系)は、3月16日限りで引退予定です。
ロマンスカーネタは長くなるので別記事にて。(ばき)

DSCN0797
沼津から東海道線を乗り継ぎ、やって来ましたのはさわやかウォーキングではお馴染みの
富士駅。


DSCN0798

コースマップをもらってさっそくスタートです。日曜の午前中なのでちょっと寂しい商店街!?

DSCN0799

お、東海版「バッジ・ウォーカー」現る! 某Uさんの天敵です。(爆)

DSCN0800

長いこと地元の銘菓かと思っていたら、実は全国各地で売られており、しかもそれぞれの
場所で、やはり地元の名産品と思われていることの多い不思議なお菓子「
都まんじゅう」。
いずれの販売店も、創業は昭和20年代~30年代ころと、それなりに歴史があるようです。
http://bug.org/~momo/food/miyako/

DSCN0801   DSCN0804
なぜかパンダの焼印と「都まん」の焼印。

DSCN0806
商店街を進むと、店先で朝市みたいなのをやっていました。

DSCN0807

ここは「富士銀座」と言うそうな。

DSCN0809

富士銀座を抜けて、さらに進むと青葉通りへ。ここからは東へと進路を変えて進みます。

DSCN0812

米之宮浅間神社。

DSCN0815

朱色が鮮やかな拝殿です。

DSCN0817

本物の結婚式をやっていました。お幸せに。

DSCN0818

久々登場、おもしろ絵馬シリーズ。
願意:「ピかチュウになねますように」 
う~ん、ちょっと難しいと思うよぉ~。 でも、夢をあきらめずに頑張るんだよ!


DSCN0819

田子の月。どこかで聞いたことあるような名前のお菓子ですねぇ~。

DSCN0820

三等三角点がありました。

DSCN0822

大抵は山の上なんかにあるものと思っていましたが。こんな街中にもあるんですね。

DSCN0823

じゃ~ん。本邦初公開。実は昨年末でGPSウォーキングのサービスが終了してしまったので、
GPSロガーを買ったのでしたぁ。(^^ゞ 
弊ブログに時々コメントを下さるYさんからの情報でこれにしました。年末の夜中にAmazon
でポチッとな。お急ぎ便で翌日(ってゆーか当日?)にはもう到着。便利な世の中ですねぇ。

で、三角点との座標の差異は・・・? 北緯・東経とも11~12秒の差。大体300m前後の差。
ちょっと誤差が大きいですねぇ。たまたま?
 北緯:1秒=約31m 12秒で約372m
 東経:1秒=約25m(@東京) 11秒で約275m

DSCN0824

さらに歩いて行くと今度は日時計がありました。

DSCN0825

ただ今の時刻は11時ちょうど。ご存知の通り、日本標準時は東経135度の兵庫県明石市が
基準なので、それより東の地域では太陽の動きは日本標準時よりも進んでいます。東京付
近で大体30分くらいなので、ほぼ合っています。

DSCN0828

巨大な折鶴が鎮座しています。

DSCN0829

富士市役所。耐震補強は建物全体に施さなくても大丈夫なんですね。

DSCN0831

出た。マナーを守れないク○・アフォ・ウォーカー。
どうしてそう広がって歩くのかね? 頼むからもう来ないでくれ。

DSCN0838
ここは以前も訪れた新通町公園。新幹線の0系が保存展示してあります。でも、保存状態が
悪く、塗装がボロボロ。ちょっとかわいそうだなぁ・・・

DSCN0833
懐かしい旧国鉄のJNR(Japan National Railways)マーク。

DSCN0834

車内には当時の転換式座席(リクライニングしません(+o+))と・・・

DSCN0835

ジオラマ模型が展示してあります。

DSCN0840
公園内には懐かしい腕木式信号機も。

DSCN0841
この時計はどこかの駅に設置してあったものかな? ここにもJNRマークが。

DSCN0843

公園には線路が敷いてありm月に2,3回ミニ列車(乗車可能)が運行されています。

DSCN0845
お茶屋さんの店先でお茶の振る舞いがありました。

DSCN0847
中央駅と言っても鉄道の駅ではなく・・・

DSCN0846
バスターミナルのことです。

DSCN0849

ここからは東海道吉原宿の吉原商店街に突入です。

DSCN0850

今やB級グルメですっかり有名なつけナポリタンのお店。前回、前々回と完売で食べられ
なかったので、今度こそ。いつもはコース途中で昼食は取らないのですが、今日はここで
昼食にします。

DSCN0851

取りあえず今回は大丈夫そう。それにしても混雑時は40分も待たせるとは・・・(ーー;)
店内に入ると、まだ12時前でしたが結構な混雑。店員さんかなりテンパッてました。
で、客の対応が疎か。

DSCN0852

40分とまではいかなかったけれど、結構待たされました。 ま、でもつけナポリタン発祥の
人気店だけに、お味はよろしかったです。

DSCN0853

店を出る頃には「完売御礼」でございました。 でももうこの店には来ません。味はいいけど
店員さんの対応がよろしくないので。

DSCN0854

ちなみに以前つけナポリタンを食べたお店(sofarii)はこちら。ここの写真だけ見ると「ホント
に食べ物屋?」ってな感じですが、店舗は2階です。ここは店員さんの対応がよく、おいしか
ったのでまた来てみたいお店です。

DSCN0855

吉原本宿。

DSCN0856

お宿ですが、歴史資料館、土産屋さんなどが併設されていて誰でも自由に入れます。

DSCN0857

吉原本宿の近くには吉原小宿もあります。

DSCN0861

こちらは休憩所、トイレ等があります。

DSCN0864

商店街を抜けると岳南鉄道の吉原本町駅。模型のような駅です。

DSCN0866

午前中は雲に隠れていた富士山ですが、午後になってその姿を見せてくれました。

DSCN0868

橋の名前が「平家越え」?

DSCN0871

こちらは「平家越え」の碑。

DSCN0873

こういうことだそうです。

DSCN0874

碑の隣には東海道の道標も立っています。

DSCN0878

そして名勝「左富士」へ。バス停の名もズバリ「左富士」。

DSCN0880

前回来た時は曇りで富士山は見えず。1勝1敗。勝率5割です。

DSCN0882



DSCN0890

道路の左側からでは建物に隠れて富士山がよく見えないので右側へ。

DSCN0891

おもしろいものの宝庫、石材屋さん。

DSCN0893

なぜかフクロウがたくさん。

DSCN0896

先ほどよりも雲が減ってさらによく見えるようになりました。大抵は午前中のほうがよく見える
のに珍しいな。

DSCN0898

この日は吉原駅近くの毘沙門天でだるま市が開催されていたのでゴールの吉原駅付近は
大混雑。「高崎だるま市」「深大寺のだるま市」と、この「毘沙門天だるま市」の3つが日本
三大だるま市として有名なのだそうです。

DSCN0899

ちなみにこの煙突のある日本製紙富士工場はこの3月で閉鎖されるそうです。
(それに伴い、紙輸送に君臨してきた青い貨物列車ことワム80000もお役御免の憂い目に)

DSCN0901

コース最後の毘沙門天にもぜひ立ち寄りたかったのですが。。。
あまりの混雑で先に進むのもままならず。

DSCN0904

残念ですが行くのを断念してゴールへ向かうことに。

DSCN0905

お題。「線路と富士」 (ばき)

DSCN0914

ゴ~ル~  \(^o^)/

DSCN0910
さてさて、今日は何歩かな? じゃん。ちょっと少な目の13213歩でした。


今回のコースはこんな感じ。昼前までは雲が多く、富士山を見られなかったけれど、お昼
頃からは雲も切れて見事な富士の勇姿を拝めて大満足でした。

おしまい
                                     平成24年2月11日 (記)
セピアの森に会いに行こう!相模原winterハイキング
平成24年(2012) 1月28日(土) 晴れ 気温 5.6℃ 歩いた距離 12.7km

横浜線沿線で開催される駅ハイは久しぶり。昨年2月の橋本駅以来です。このときは今回
のスタート、淵野辺駅がゴールでした。

DSCN0618
毎回、受付開始直後はものすごい行列だけど、30分も経つと列車の到着直後を除けば
ほとんど待ち時間無しで受付できます。

DSCN0614

駅からハイキングHPには記載されていませんでしたが、淵野辺駅からほど近い「宇宙科学
研究所」(最近はJAXAの方が通りがいい?)も今回のコースの見学ポイントに含まれていま
した。これは楽しみ! ではさっそく出発~。

DSCN0619
淵野辺駅近くにある相模原市立図書館。小学生の頃、地元に公立図書館が無かったので
よくここまで電車に乗って来ました。夏休みの宿題なんかでお世話になったなぁ。懐かしい
です。

DSCN0621

その向かいにあるのは鹿沼公園。

DSCN0623

水はあまりきれいじゃないけど、池もあります。

DSCN0624

カルガモオナガガモさん日向ぼっこ中~。

DSCN0626

白鳥さんも羽を休めています。

DSCN0627

この池は「でいらぼっち伝説」伝承の池なのだそうです。知らなかったなぁ。

DSCN0632

鹿沼公園を抜けると、国道16号線に出ます。

DSCN0634

スタートから約2km、30分ほど歩いたところにありましたよ~。「宇宙科学研究所」。
昨年、小惑星探査機はやぶさが帰還したとき、ここでカプセルか何かの一般公開をやって
大勢の見物人が訪れたことは記憶に新しいです。近いけど見に来なかったなぁ。(ばき)

DSCN0637

敷地内へ入ると・・・まずは売店へ。 

DSCN0638

いろいろなグッズを売っているようです。

DSCN0640

宇宙食も! 宇宙マニアの諸君、ぜひ如何!?(爆)

DSCN0660
見学コースの建屋に入るとまず目に飛び込んでくるのが探査機「はやぶさ」。本体よりも
動力源となる発電用の太陽電池パネルの方が大きいです。

DSCN0657
「はやぶさ」が調査した小惑星イトカワ。 「はやぶさ」を探してみよう! 
(注:赤丸は筆者付記)

DSCN0642

「はやぶさ」の成功を受けて、「はやぶさ2」の計画も進行中のようです。

DSCN0643

一時はポシャリかけたようですけどね。(仕分け?)
やはり、科学技術発展のための予算はケチってはいけないでしょう。

DSCN0645
これは帰還したカプセルを回収したときの防護服。本物だそうです。

DSCN0644
なぜこんな防護服が必要なのか。宇宙から帰ってきたので有害物質
でも付着しているのか? 当時から疑問に思っていましたが、その謎
が解けました。火薬を用いたカプセルの分離装置が誤作動で暴発し
たとき、怪我をしないためだったのですね。 

DSCN0653
回収したカプセルの模型。

DSCN0654
このような構造になっていたそうです。

DSCN0647

カプセルの回収に当たっては、探査機から発せられる電波を追跡することでその行方を
追いました。

DSCN0648

そのときの方法が具体的に解説してあります。う~む。これはとても勉強になります。

DSCN0649

ほんのわずかな電波到来角度の差異を分析して衛星の方向を補足するわけです。

DSCN0650

こういう展示物は興味津々、つい見入ってしまいます。

DSCN0651

こうして、かなり正確に探査機を補足・追跡し、ピンポイントで回収が出来たそうです。 

DSCN0652

そんな神技な技術を駆使した一大プロジェクトではありましたが、やっぱり最後は神頼み・・・
というのは冗談ですが、神様のご加護もあったからこそ、数々の困難なトラブルをも乗り越え
て、無事に帰還出来たのでしょう。 

DSCN0661
はやぶさを取り上げた映画が目白押し。同時期に同じテーマの映画が3本も製作されるのは
非常に珍しいのだそうです。

DSCN0658

はやぶさばかりが目立っていますが、他にもいろいろと興味深い展示物がたくさんあります。

DSCN0659

これは太陽観測衛星。太陽のフレアや磁気嵐などを観測して電波障害の予防に役立てて
いるそうです。 


DSCN0663
屋外にはかつて活躍したロケットの実物大模型が展示してあります。これはM-3SⅡロケット。

DSCN0665
DSCN0662
こちらはM-Vロケット。

DSCN0664



DSCN0669

宇宙科学研究所見物を堪能して、次へと向かいます。日陰には1週間前に降った雪がまだ
まだ残っています。こちらの方は寒いですからねぇ。(^_^;)

DSCN0671

宇宙科学研究所の向かいにあるのは、相模原市立博物館。平成17年(2005)に開館した
そうですが、これまた知らなかったなぁ。

DSCN0673

博物館のイメージキャラクター!? さがぽんくん。ぽんぽこぽん。タヌキですな。

DSCN0675

館内は相模原市周辺の地理・歴史・文化・経済・暮らしなど、多岐にわたる展示・解説が
あり、興味が尽きません。これは江戸時代末期~明治時代の農家の模型。

DSCN0677

こういうの、大好きです。地図マニアなもので。(ばき)

DSCN0678

「だいたい同じ位置・・・」というアバウトさがなんともいい感じ。(笑) 
ちなみに写っているのはJR相模湖駅。(写真全体が写ると著作権侵害に当たるので自粛)

DSCN0679

こういうのも好きです。 ってなわけで、宇宙科学研究所と相模原市立博物館の2箇所合わ
せて2時間40分見学してました。(爆)

DSCN0685

お、この廃線チックな緑道はなんだ!?

DSCN0686

緑道を進むと、特別保護地区に指定された雑木林「木もれびの森」が広がっています。

DSCN0688

5月頃に来ると、新緑の木々が眩しいだろうなぁ。

DSCN0689
なるほど~。この緑道は灌漑用水の跡だったのでした。

DSCN0691

東幹久、じゃなくて東幹線(ばき)から分岐した、大野支線というのだそうです。

DSCN0692

大切にしていきたいですねぇ、こういう雑木林。

DSCN0693

木もれびの森を抜けてしばらくはバス通り沿いにてくてく。北里大学病院の前を通過します。

DSCN0698

さらに進むと相模原公園へ。

DSCN0700

駅ハイ史上初!? 木の枝で作ったコース案内!

DSCN0703

某、国営昭和な記念公園に似てますねぇ。

DSCN0707

公園内にあった手造り工房。(名前は失念)。 鬼太郎の仲間たち。

DSCN0708

かわいらしい作品です。

DSCN0710

ちょっと変わった形の草?

DSCN0715

相模原公園に隣接する相模原麻溝公園には動物園もありました。

DSCN0718

原っぱもあるので家族連れなどで賑わっています。

DSCN0719

公園からちょっと離れるとこんな光景が広がります。

DSCN0720

モナの丘。某、スキャンダラスな元フリーアナウンサーとは関係ありません。(ばき)

DSCN0721

泥つきのねぎとか、

DSCN0722

泥つきの大根、他いろいろな野菜を安く売っていました。

DSCN0724

植栽に覆われた切り通し。

DSCN0728

進むにつれて先の細くなる歩道。狭すぎ~。

DSCN0731

ほう。橋の架け替えでこういう工法の仮設橋もあるんですなぁ。

DSCN0733

ゴ~ル~ \(^o^)/  はらたいらさんに3000点、じゃなくて「はらたいまえき」です。(ばき)

DSCN0735

相模線も電化されて既に20年が経ちます。早いなぁ。 それまではディーゼルカーでした。

DSCN0736

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。18695歩でした。


今回のコースはこんな感じ。市街地の中に広がる雑木林、公園を通るいいコースでした。
新緑の季節に歩いたらまた一段と気持ちウォーキングになりそうな、そんなコースです。

おしまい
                                      平成24年2月10日 (記)

                                                                        

                                                     ブログを書くならBlogWrite
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ