「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201206<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201208
到着
yohnenのブログ   「いや、それ、ちょっと・・・2」-120729_181746.jpg
八王子に到着。いやぁ、久々に乗りまくり。
夕べの23時過ぎから乗り換え時を除いて、
延々19時間乗りっぱなし。アホですわ。(ばき)
関連記事
スポンサーサイト
「新幹線なるほど発見デー」と伊場遺跡めぐり ②
■平成24年(2012) 7月22日(日) 晴れ 気温 25.1℃ 歩いた距離 10.5km

「新幹線なるほど発見デー」と伊場遺跡めぐり ① からの続き。

P1010645
この機器は主変換機(CI)といいます。簡単に言うと、モーターを回すため
の電圧と周波数を変える装置です。

P1010646
現在の新幹線車両のモーターは、交流モーターを使用していて、回転数を
制御するために電圧と周波数を変えます。ちなみに初代の0系やその後の
100系までは直流モーターを使用していたので、電圧だけを変えて制御し
ていました。

P1010644
新幹線の1/4スケールモデル。

P1010647

これ、意外と人気で大勢の人がこれをバックに記念撮影をしていました。

P1010648

昔は菱形が主流だった(パンタグラフ集電装置)。現在では、軽量化、騒音
防止、着雪回避の観点からこのようなZ形(シングルアーム式)が主流です。

P1010652

さぁ、いよいよこのイベントの目玉、新幹線車両のクレーン吊り上げ移動
デモが始まります。

空飛ぶ新幹線。

P1010653
用意した台車の上に無事に到着。

P1010655

会場内には新幹線の列車名にちなんだ広場が設けられていました。

P1010673
こちらはこだま広場。他にのぞみ広場もあったかなぁ~。

P1010657

歴代車両のパネルが置かれた記念撮影ポイント。

P1010665

これはN700系の台車(モーター無し)。

P1010667

こちらはモーター付きの台車。

P1010662
台車にも形式があるんです。

P1010664
技術の進歩に伴って100系よりも新しい300系では、より小型・軽量化されて
います。

P1010642
台車の上面、左右2箇所にある丸いものは空気ばねといい、もともとは車体
の揺れを軽減し、乗り心地を改善するための装置ですが、700系、N700系で
は、これを利用して車体を傾斜させ、カーブでの通過速度を向上させてい
ます。

P1010666
自転車でカーブを曲がるときに体ごと車体をカーブの内側に傾けると速度
を落とさずに曲がれるのと同じ仕組みです。

P1010668
三線軌条、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
浜松工場では在来線車両の整備も行われている(た?)ため、幅の異なる
3本の線路が敷かれています。

P1010677
会場の通路部分は歩行者通行時の安全のため、レールの部分にゴムシート
を被せてありました。

P1010672
続いてはドクターイエロー、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

P1010689

現役ドクターイエローの本物は初めて見ました。大興奮。(爆)

P1010692

こちらは分解前のN700系。反対側の先頭車では運転台の見学コーナー(確か
抽選制)がありました。

P1010697

これも定番のプラレールコーナー。いつもちびっこ達に大人気。

P1010698

こちらも大人気のこども制服記念撮影コーナー。

P1010699

なんと60分待ち!(・o・)ウヒョー

P1010701

この車両は分解整備が終わりつつあるところかな?お色直しもされて車体
もきれいになっています。

P1010705
こちらは整備途中の車両。連結面ってこんなに汚れるもんなんですねぇ。

P1010703

新幹線の連結器って、意外なくらいに小さいです。在来線車両の連結器
よりも小さいのでは?

P1010709

これまた定番、大人気のミニ電車。新幹線の整備工場らしく700系車両です。

P1010718

こちらは懐かしの0系。

P1010720

ナント、旧型のドクターイエローまでありました!

P1010727

さらにさらに。これは1両のみ製造されたEF500の試作車両か!?
と、思いきやパンタグラフがないので、ディーゼル機関車のDF200ですね。

P1010733

新幹線なるほど発見デーを十二分に堪能して帰途につきます。

P1010736

お、nさんが好きそうな祭り用品のお店です。

P1010739
ゴ~ル~ \(^o^)/

P1010738

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。13558歩でした。


今回のコースはこんな感じ。浜松工場は浜松駅およそ2km。意外と近いです。
新幹線なるほど発見デーのイベントは、毎年1~2万人が訪れる人気のイベント。
今年も7/20~21に開催される予定です。


【おまけ】

P1010740

ゴールの後は、Iさんからの指令により(爆)、うなぎの八百徳さんへ。
浜松駅南口の前にある駅南店へ行ったのですが、店内はかなり混雑して
いました。行列はそれほどでもないようですが、うなぎ屋は回転が遅い
ので順番はなかなか回ってこないようでした。


P1010741
といった訳で、北口から徒歩数分のところにある本店へ。
こちらは待ち時間もほとんど無く、サクッと店内へ。

P1010742
注文したのはうな重(肝吸い付)、2950円なり。たまにはババンと!

P1010744

新幹線ばかり見ていたら、久しぶりに乗ってみたくなりました。で、駅前
の金券ショップで新幹線回数券を購入。帰りは新幹線で帰りましたとさ。

おしまい
                       平成25年7月14日 (記)
「新幹線なるほど発見デー」と伊場遺跡めぐり ①
■平成24年(2012) 7月22日(日) 晴れ 気温 25.1℃ 歩いた距離 10.5km

あれ?来週の日付? いや、実は去年の7月です。(ばき)
ハイ、今年も来週開催されます。その前に滑りこみで…

P1010558
遠路はるばるやって来ました浜松へ。さわやかウォーキング参加歴上、
最西端記録更新です。 新幹線なるほど発見デー見学者向けのシャトル
バス乗り場は右折。さわやかウォーキング参加者は左折です。

P1010569

スタートすると、なるほど発見デーのシャトルバスがバンバンやって来ま
した。

P1010573

ほどなく東海道へ。nさん、Iさん、hさんもここを通ったのですね…と、
思ったのですが、歩いたのはここではなく旧道なのかな。

P1010576

この先は廃止された線路跡を利用した遊歩道「堀留ポッポ道」へ。

P1010577

これは東海道線から旧国鉄浜松工場へと続いていた連絡線跡地です。

P1010578

線路を模したイラストが描かれたポッポ道遊歩道。

P1010582

途中の広場にミニSLが保存展示してありました。

P1010588

この辺りは比較的近年まで線路が残っていたようですが、今はありません。

P1010589

歩道には国鉄時代のエポック的な車両のイラストを描いたプレートが埋
め込まれていて、楽しませてくれます。

P1010590

EF58はスマートなデザインでとても人気のある電気機関車でした。

P1010592

汗取り名人屋さん、夏場はさわやかエリアに遠征することが多いそうです。
駅ハイエリアより、さわやかエリアの方が結構売れるんですって。

P1010597
一見、どこにでもある川のようですが、舟運のために造られた運河なのです。

P1010593

浜名湖とつながっているそうです。

P1010594

こうして見ると、確かに舟運が合理的。

P1010602
続いてやってきたのは伊場遺跡公園。

P1010603
JRの車庫に沿った細長い形をしています。そして、図を
よ~く見ると…

P1010607
公園を横切る線路が。

P1010609

これはJRの車庫から浜松工場へと続く連絡線です。ただ、今は使われて
いないようで草ぼうぼうです。

P1010612

さわやかウォーキングのコースは公園内をテキトーに歩きます。(ばき)

P1010613

公園内には古代の住居などが復元されています。これは約1500年前の
竪穴住居。

P1010614



P1010615

これは弥生時代の環濠。環濠とは、敵の侵入を防ぐための濠(ほり)の
ことです。

P1010616



P1010618

JRの車庫の架線柱が見えます。わずかですが、木の隙間から電車も見え
ました。

P1010619

これは高床式倉庫を復元したもの。

P1010620



P1010621

こちらは少し規模が大きいですね~。

P1010622

ひと通り公園の奥まで見たので入口へと引き返します。

P1010624

続いてはこの日の目玉、JRの浜松工場へと潜入!

P1010628
毎年恒例のイベント、新幹線なるほど発見デー。初めて来ました。

P1010626

この手のイベントではいつも大人気のアイテム、運転台見学等は抽選制
です。

P1010627

○○体験なども人気ですね。昼近くなので整理券の配布はとっくに終了
しています。体験希望の方は、朝一に来ましょう。

P1010631

さて、早速検査等の中へと進むと、いきなり新幹線車両が宙吊りに!(^O^)

P1010634
検査中は車体と台車(車輪)の部分を分離、工場内では移動用の仮の台車
に付け替えられています。普段は見ることのない連結面。

P1010633

両サイドに新幹線を眺めつつ、通路を奥へと進みます。

P1010637

先頭車もいました。

P1010638

新幹線にかぎらず、鉄道車両は一定の走行距離、もしくは走行期間(早く
到達したほう)毎に分解して検査・整備を行います。写真にある全般検査
では検査の開始から終了まで15日間を要することが書かれています。
他には台車のみ交換する台車検査というものあります。

P1010639

全般検査では車体を徹底的に分解します。これはN700系の空調装置。

P1010640

一般的な家庭用のエアコン(4kW)の19倍(77kW)の冷房能力だそうです。

その②に続く
                      平成25年7月14日 (記)
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ