FC2ブログ
「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201209<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201211
東京駅復原駅舎と江戸城址を巡り歴史を現代を肌で感じる②
■平成24年(2012) 10月29日(月) 晴れ 気温 22.2℃ 歩いた距離 11.2km

その1からの続き。


P1060078 
北の丸公園を抜けて武道館の前を通過。

P1060080

なんだかわからないけど、ZEROとやらのコンサート開催中のようでした。

P1060085

田安門を抜けて表へ出ます。

P1060086

田安門は北の丸北部に位置する枡形門で、寛永13年頃に建てられたと考えられて
います。

P1060089

靖国神社の前に出ました。

P1060093

靖国通りを九段下方面へと向かいます。この辺り、春は桜が見事です。

P1060098
九段下交差点の近くにある昭和館。こんな施設があったんですねぇ。

P1060095

面白そうな企画展もやっていました。寄って行きたかったけど、あまり時間も
無かったのでパス。また後日来ることにしよう。

P1060099

その昭和館の前にあったのが蕃書調書所跡。

P1060100

蕃書調書所とは、西洋の書籍を解読して海外事情を調査するために設置されたもの
らしいです。

P1060103

九段下交差点を竹橋方面へ。内堀通りへと進みます。

P1060105

千代田区の観光協会。ここが今回のチェックポイントです。

P1060107

いつもの端末でsuicaをピッ!

P1060113

え~っと、これは何門だったかな。忘れました。。。(^^ゞ

P1060116

ビルの合間を縫うように通る首都高。車で通ったことは何度もあるけど、この下を
歩くのは初めてかも。

P1060117

竹橋ジャンクションの合流部分。(・o・)ウヒョー
道路マニアにはたまらんち。(爆)

P1060119

竹製ではない現代の竹橋。その昔は竹を編んで渡した橋だとも言われているそう
です。

P1060123

これは気象庁。

P1060124

東日本大震災後、このような帰宅困難者支援場所が多数設けられるようになりま
した。

P1060126

ビルの谷間にポツンとあった平将門塚。

P1060127

平将門の御首(みしるし)を祀っているそうな。(・o・)ウヒョー

P1060128

妙に足の細いおじいさんがお参りをしていましたが…

P1060133

ヘルメットに「日本軍」の字! このひと、何者!?(ばき)

P1060134

読売新聞東京本社、絶賛建設中!

P1060138

箱根駅伝のゴールって、本社ビル建設中の今もここ? (・・?

P1060140

地下鉄メトロ大手町駅。ラインカラーの輪がきれいに並んでいますねぇ。

P1060141

コースマップに書いてあった目印「赤いオブジェ」はこれでした。

P1060142

♪三菱地所を見に行こう~のCMに出ている桜庭ななみちゃん、かわいいですねぇ。

三菱地所を見に行こうのCM

P1060143

再開発事業で「大手町の森」というのを造るのだそうな。

P1060144

風の通り道とすることで、ヒートアイランドの解消に役立てるそうです。

P1060156

そしてようやく今回のコースのメイン登場。昨年10月に復原された東京駅丸の内
駅舎(北側のドーム)です。真新しいレンガと屋根瓦が美しい~。

P1060160

駅舎中央部分。2階建てだったものが3階建てになったことで、迫力が増しました。

P1060165

すっかり一大観光スポットになった感があります。

P1060168

こちらは東京中央郵便局のビル。旧局舎の保存問題で大もめしましたが、一部を
残して新築の高層ビルと合体させることで落ち着きました。

P1060170

すっかり東京観光の定番になったか!? 屋根なしのオープンバス、SKYBUS。P1060174
こちらも一部を残した合体方式の三菱ビルヂング。

P1060171
最近「ビルヂング」と表記するビルがめっきり減った感じがします。(ばき)
そういえば、名古屋の大名古屋ビルヂングも建て替えが決まりましたが、ビルの
名前はどうなるのかな!?

P1060177

ゴ~ル~ \(^o^)/ 有楽町駅に戻って来ました。

P1060178

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。11816歩でした。ちょっと少なめ。


今回のコースはこんな感じ。 皇居東御苑が休苑中だったのは残念だったけど
皇居の周りをぐるりと一周するコースもお手軽コースでなかなか良かったです。
(一周したのは初めてかも!?)


■おまけ■

P1060179

有楽町駅目のパチンコ屋の前に丸いポストが! え、こんな都心に珍しい!
と思ったら。。。

P1060180

「このポストは使用できません」とな!? 何これ? 単なるオブジェ? (ばき)

おしまい
                          平成25年1月2日 (記)

東京駅復原駅舎と江戸城址を巡り歴史を現代を肌で感じる①
■平成24年(2012) 10月29日(月) 晴れ 気温 22.2℃ 歩いた距離 11.2km

昨秋は通常のイベントコースが少なく、期間設定コースが多かった駅ハイ。
この日は皇居の周辺を歩くコースに参加しました。


P1050966
スタートはJR有楽町駅。平日なのでサラリーマンが大勢歩いている中での受付。

P1050971

ビルの敷地内に祀られている有楽稲荷神社。

P1050976

日比谷公園に入ってすぐのところにある石垣。

P1050977

日比谷御門の一部だそうです。

P1050980
心字池という名前だったんですね、この池。

P1050978

日比谷公園が出来る前にあったお濠の面影を残すために造られた池だったんだぁ。

P1050985

公園内ではガーデンコンテストの作品を展示していました。

P1050986



P1050990

こちらは和風の庭。素敵ですねぇ。

P1050991

箱庭みたい。枯山水のような石を敷きつめた作りがいい感じ。

P1050992

中央の噴水付近から祝田門側の出入口付近までずらりと作品が並んでしました。

P1050994

コスモス満開の庭。

P1050997

祝田門交差点に出ました。本来ならここを内堀通り方向(写真右奥)へ進むのです
がこの日は月曜日で皇居東御苑が休苑のため、晴海通り方向(写真左方向)の迂回
コースへと進みます。

P1060001

祝田門から桜田門にかけてのお堀。

P1060003

皇居の周りの歩道には、各都道府県の花を示したブロックが埋め込まれてるよう
です。

P1060004

東京都はソメイヨシノなんですね。

P1060006

桜田門といえば警視庁。テレビドラマなどでもお馴染みの庁舎です。

P1060007

桜田門脇の櫓。

P1060009

桜田門から半蔵門方面のお堀。

P1060010

長崎県の花(雲仙つつじ)が描かれたブロック。

P1060016

相変わらずジョギングする人が多いですねぇ。

P1060019

国会議事堂入口付近からみた丸の内方面。

P1060021

内堀通り(国道20号)は、この先の三宅坂交差点で国道246号と20号に分岐します。

P1060026

三宅坂交差点。分岐の間に見えるのは最高裁判所です。

P1060030

国道246号の三宅坂から渋谷までの区間は青山通りといいます。その先、渋谷から
多摩川を渡るまでは玉川通りといいます。

P1060033

広島といえば、やはりもみじですね! って、もみじって花じゃないよなぁ~。

P1060037

半蔵門前でお堀はいったん途切れているようです。

P1060040

半蔵門といえばココ。

P1060042

FM東京、もとい。今はTFM、TOKYO FMって言うんだった。(ばき)
でもやっぱり、FM東京の方がしっくり来るよなぁ。
そーいえば、昔はエアチェックするためにFM情報誌がたくさんあったなぁ。

P1060044

半蔵門から新宿までの国道20号は新宿通りといいます。

P1060046

半蔵門からは半蔵濠沿いの桜並木をてくてく。

P1060049

千鳥ヶ淵交差点で右折して代官町通りへ。
越後屋:これは御代官様の好物、山吹色の饅頭にござりまする。
悪代官:越後屋、お主も悪よのぅ~。
越・悪:ふぉっふぉっふぉっふぉ~

P1060053

なんか東京駅のようなレンガ造りの建物が見えてきました。

P1060056

昨年の1月1日から距離別料金制度に変わった首都高。最近電車ばかりで首都高を
走る機会がめっきり減ってしまいました。

P1060059

ここから本来のコースに復帰。北の丸公園へ。

P1060063

先ほどのレンガ造りの建物は東京国立近代美術館工芸館というようです。
旧近衛師団司令本部庁舎だったんですね。

P1060064



P1060067

まだちょっと紅葉の時期には早かったようです。

P1060071

光り輝くススキの穂がいい感じ。

その2に続く

                                                    平成25年1月2日 (記)
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ