「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201312<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201402
NHK 番組技術展

■平成26年(2014) 1月26日(日) 気温 12.7℃

世田谷区砧のNHK放送技術研究所(通称:NHK技研)の「技研公開」は何度か見に
行ったことがありますが、渋谷のNHK放送センターでも、毎年こんな技術展をや
っているようです。

P1120243
砧の技術展は現在開発中の、近い将来実用化されるであろう技術の紹介。一方、
渋谷の技術展は、実際に番組で使用された技術の紹介という違いがあるそうです。

P1120244

10:55にNHKに到着。10時開場で既に始まっているのかと思っていたら、11時開場
でした。10人ほどが待機中。

P1120245

入場してすぐのコーナーは昭和39年(1964)東京オリンピック関連の特集。初の
マラソン全区間中継技術などの紹介がありました。写真は1000mmの望遠レンズ。

P1120246

今回で43回目ですが、一般公開は8年前からのようです。
砧の技術展は、研究者が開発した技術でうが、こちらは現場
の担当者が思いついたアイディアを具体化したした技術。
まさに必要は発明の母といったところ。

P1120247

バラエティーに富んだものがたくさん展示されていて、とても全部は紹介し切れ
ないので、それらの中からいくつかをピックアップ。これは、オホーツク海の
流氷観光船のロボットカメラシステム。

P1120248

流氷観光船のカメラを遠隔操作するシステムらしいです。

P1120249

これは現場から局へ中継するときに、中継用アンテナの向きをスマートフォンを
使って自動制御するシステム。従来手動でアンテナの向きを設定していたものを
スマートフォンで位置情報を取得して自動制御するというもの。今までありそう
で無かったコロンブスの卵的アイディア!? 思わず感心してしまいました。

P1120252

こちらは野生動物の観察などに用いるカメラのプチ・カモフラージュ。
「ダーウィンが来た!」などでは、もっとスゴいカモフラージュを施したカメラ
を使っているようです。(以前スタジオパークで見ました)

P1120254

昨年大変話題になったダイオウイカの撮影システムの紹介。

P1120255

ちょっとピンぼけ…(ばき)

P1120256

これがカメラの本体。このカメラを…

P1120259
この深海用耐圧カメラケースに収納して撮影したそうです。深海なので水圧がハンパ
ないですからね。(10m潜る毎に1気圧増加。1500mの深海では、ナント151気圧!)

P1120257

ダイオウイカを特集したNHKスペシャルは数々の賞を受賞したそうです。

P1120258

ちょっとキモカワなダイオウイカちゃん。(ばき)

P1120260

こちらのダイオウイカちゃんなら、かわいいかも。

P1120261

手持ち撮影からそのまま三脚を用いての固定撮影へスムーズに移行できるシステム。
システムというよりかは、機材の創意工夫ですね。

P1120262

従来は、手持ち撮影時と三脚使用時のカメラの位置が異なるため、スムーズな切り
替えが出来ませんでしたが、コの字形の中継治具をカメラ側に取り付けることで、
簡単に三脚への固定が出来るようになったそうです。三脚との固定部分はガイド付
きで、カメラのファインダーを覗いたまま、三脚を見ずに固定できるところがミソ。
ちょっとしたアイディアが、物凄く改善をもたらす好例。

P1120265
これはまた巨大なカメラ! まるでバズーカ砲!?(ばき)

P1120264

赤外線を使った超望遠カメラだそうです。このカメラは未だ実戦配備はされていない
とのことでした。

P1120267

今や、放送用映像素材もSDカードに記録して持ち運ぶ時代なんですね~。
オープンリールを用いた録画機器も今は昔。昭和は遠くなりにけり…

P1120268
通常、スタジオなどではインカムを用いでスタッフ同士が業務連絡を行いますが、
生中継の場合など、スタッフが遠隔地にいる場合では、インカムを用いての連絡が
行えません。そこで、一般の携帯電話回線を用いてインカムと同等の通信環境を整
える技術が開発されたとのこと。いわゆる公衆回線を利用し、自前で基幹の設備を
用意する必要がないため、低コストで通信環境を構築できる点がポイント。

P1120269

退場時にアンケートに答えたら、ななみちゃんのクリアファイル
をくれました。

日頃何気なく見ているテレビ番組。画面からはうかがい知ること
の出来ない裏側には、このような様々な創意工夫と技術が駆使さ
れていることを知りました。

テレビを見るとき、今回見た技術がどこで使われているのか想像
しながら見ると面白いかも。

開催日時:1月26日(11時00分~17時00分)
1月27日・28日(10時00分~17時00分)
入場は閉館30分前まで、
開催場所:東京・渋谷のNHK放送センター(4階 正面玄関ロビー)
入場無料


おしまい
平成26年 1月26日 (記)

関連記事
スポンサーサイト
シベリアより3,000km 白鳥の郷を訪ねて ②
■平成26年(2014) 1月25日(土)  気温 11.8℃ 歩いた距離 11.5km


シベリアより3,000km 白鳥の郷を訪ねて① からの続き。

P1120186
田んぼの向こう、よ~く見ると何やら白いものが点々と…

P1120189

どうやらこの先が白鳥の郷らしいです。レッツラゴー!

P1120191

お~、いるいる。白鳥さんがたくさんいますよ~。

P1120194

見物人もいるいる~。(爆)

P1120195

果たして何羽くらいいるのでしょうか。ちょっと気になったので数えてみま…

せん。(ばき) ムリですってば。(^_^;)

P1120199

白鳥さんの故郷は遠くシベリア。場所を示した手作り風地図が設置してありました。

P1120202
白鳥の郷の看板。白鳥が飛来するようになった経緯などが記されています。

P1120201

説明によると、白鳥さんは21年前の平成4年(1992)11月から飛来するようになった
そうです。最初にやって来たのは6羽の白鳥さん。ちなみにこの池は、用水路工事
のため、一時的に田んぼに水溜めておいただけだったとか。その後半年ほどかけて
餌付けに成功、田んぼの地主さんにお願いして田んぼを提供して頂き、白鳥さんが
毎年やって来られるよう、環境を整えていったそうです。

P1120203

白鳥さんがビックリしないよう、大声を出していけません。それと、見物人は
エサを与えてはいけません。地元の小学生が描いたのかな。かわいらしい絵。

P1120204

灰白色のは幼鳥。童話「みにくいアヒルの子」の主人公はこの幼鳥でしたね。

P1120206

くちばしが鼻孔の先まで黄色いので、これはオオハクチョウのようです。

P1120207

こちらは黄色い部分が鼻孔の手前までなのでコハクチョウ。

P1120211

カモさんもたくさんいますねぇ。

P1120193
腹が白くて首筋に白い線があるのでオナガガモのようです。

P1120218

管理人の方がエサを撒いていました。平日で見物人が少ないとすぐにすっ飛んで
来るそうですが、この日は大勢の見物人がいたので白鳥さんも警戒してか、全然
近寄ってきませんでした。

P1120222

首を丸めて休憩中の白鳥さん。

P1120223

カモさんも負けていません。池の淵にズラリ勢揃い。

P1120220
甘酒の振る舞い。いちおう無料ですが、募金箱があったので100円を納めました。
でもこの甘酒、薄い…(´・ω・`) 以前参加した下総神崎の駅ハイのときの
甘酒も薄くてマズかったなぁ。今回も全部飲めませんでした。この地域の甘酒
って、こういうものなのかしらん?

P1120225

20分ほど白鳥さんを眺めて撤収。直進するとショートカットできるのですが、
この先で高低差があって合流できないので、コースは左へと進みます。

P1120226

30分に1本の運転間隔ながら、絶妙なタイミングで電車が来ました。

P1120228

ゴ~ル~ \(^o^)/
ゴールは小林駅ではなく、駅から少し離れたところにあるスーパー敷地内の広場。

P1120229

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。15244歩でした。

P1120230

ゴールではとん汁などの振る舞いがありましたが、帰りの電車の時刻が迫って
いたのでパス。なんせ、逃すと30分待ちなので…

P1120233

急ぎ足で小林駅へ。白い囲いの向こうでは、橋上駅舎の建設工事が始まっていま
した。あと1、2年で昭和なかほり漂う木造駅舎ともお別れ。

P1120234

駅前広場にあった看板には、千葉県のキャラクター「チーバくん」と印西市の
キャラクター「いんザイ君」が描かれています。いんザイ君は、やっぱりサイ
なんだろうなぁ。チーバくんは犬っぽいけど、よくわかりません。(ばき)
それにしても、チーバくんの作者がsuicaペンギンの作者と同じだったとは、
ビックリでした。←某Uさんのタレコミ情報

P1120236

参加賞で頂いたクリアファイルには、他にも怪しげな、もとい
様々なキャラクターがずらり。


今回のコースはこんな感じ。恐らく新規のコースだったかと思います。
白鳥の飛来地なんて滅多に訪れる機会もないので、なかなかいいコース
でした。

おしまい 
                                        平成26年2月11日 (記)
シベリアより3,000km 白鳥の郷を訪ねて ①

■平成26年(2014) 1月25日(土)  気温 11.8℃ 歩いた距離 11.5km

久々に千葉の駅ハイに参加。ちょっと遠いけど、JR成田線沿線の駅ハイは毎回
結構いいコース設定なので好きです。

P1120149
スタートは小林駅。昭和の雰囲気が漂う木造駅舎です。改築前の地元の駅舎に
似ているなぁ。

P1120150

駅正面はこんな感じ。

P1120151

受付は駅前広場の片隅で。

P1120152

参加特典で地元名産のお煎餅を1枚頂きました。ちなみにコースマップは千葉支社
お得意の両面カラーコピー。(ばき)

P1120153

スタートして間もなく。首を傾げるワンコ発見。目の前にあるウ○コ発見。

P1120156
最初の立ち寄りポイント、鳥見神社。鳥見と書いて「とみ」神社。

P1120155

人影が写り込んでいますが、角度的にyさんではありませんので、念のため。(ばき)

P1120160
続いて畑のわきにある巴塚へ。「たつみづか」かと想ったけど、そうではなくて
「ともえづか」でした。そもそも「たつみ」も漢字は「辰巳」だし。(ばき)

P1120158

巴塚とは巴御膳のこと。源義仲のお妾さんだったんですね。

P1120159

さて、どんな塚なのかと思いきや…(・o・)え? これだけ!?(^_^;)

P1120162

しばし歩いて水鳥公園へ。コースマップにあえて記載されているので、さぞ何か
あるのかと思いきや、ちょっとしたベンチとこの池だけ。水鳥もおいでにならな
いようで…(ばき)

P1120163

大通りから外れて、旧道チックな細道へ。

P1120165

そろそろ田んぼの下準備の季節ですねぇ。田起こしっていうんだっけ?

P1120166

千葉支社の駅ハイはコース案内の矢貼りが充実しているので、初心者でも歩き
安いと思います。

P1120168

焼畑やってました。

P1120169

ひたすら田んぼの中の細道をてくてく。

P1120172

車通りに出ててくてく。

P1120174

ファイヤー! ここでも焼いていました。

P1120175

トイレ&休憩ポイントとして、本埜(もとの)スポーツプラザを周回していきます。

P1120177

ちょうど昼時だったので、ベンチでお弁当を食べている人が結構いました。

P1120179

白鳥のヒロミ・ゴー、ではなくて、白鳥のさとはこの先です。

P1120181

またまた田んぼ道をてくてく。

P1120184
こちらの住宅は有形民族文化財なのだそうです。

P1120183

どこが文化財なのかというと、利根川の洪水から住宅を守るために宅地全体を
かさ上げした造りに文化財的価値があるのだそう。水塚(みづか)というそうな。

P1120185

なるほど、周りよりも2mくらい高くなっているように見えます。

シベリアより3,000km 白鳥の郷を訪ねて② に続く 

                          平成26年2月10日(記)

開運!蒲田から池上七福神を巡る ②


■平成26年(2014) 1月19日(日)  気温 6.7℃ 風速 8m/s 歩いた距離 11.0km

大雪あり~の、ハマ線新型車両の記念きっぷ発売あり~のと、すっかり間が
あいてしまいましたが、「開運!蒲田から池上七福神を巡る①」からの続き
です。

P1120073
池上本門寺一帯は高台の上に位置するので、少し歩くとこんな見晴らしのいい
場所へ出ます。急な階段を下ってコースを進みます。

P1120075

続いては恵比寿様の養源寺へ。

P1120076

境内にはお茶のセルフサービス。

P1120078
恵比寿様はどこ? この玄関の中にお出でです。

P1120077

これ、夜間は片付けるのかしらん?(^_^;)

P1120080

恵比寿様をお参りした後は、再び池上本門寺前の総門前を経て弁財天様へ。

P1120081

弁財天様の厳定院。

P1120082

おや、この高架線路はもしや…(^o^)
と、その前に。。。

P1120100
池上梅園へ。まだちょっと時期が早いかなぁ。(^_^;)

P1120083

結構、奥行きがあって広そうです。

P1120087

全然咲いていないかとも思ったけど、チラホラと咲いていました。

P1120088

雪による枝折れ防止の釣りかな。

P1120089

やっぱり池のある風景はいいですねぇ。

P1120091

頭上注意。ってか、ほとんど目の高さなんですけど。(^_^;)

P1120096

園内の斜面を登って行くと、見晴らしのいい展望台が有ります。先ほどの高架
線路も見えます。

P1120098

こちらはまだつぼみ。

P1120097
写真ではわかりづらいけど、ほんのと淡いピンク。

P1120101[8]
先ほどの高架線路は、都営浅草線の引込線でした。この先の馬込車庫つながって
います。

P1120102

浅草線の引込線にそって、国道1号線を北上します。

P1120103

そして、馬込車庫といえば線路を跨ぐ歩道橋が格好の鉄ポイント。以前から一度
来てみたいと思っていたところです。ついに念願成就!池上本門寺のご利益か!?

P1120107

昼間はラッシュ時のお役目を終えた電車さんが多数お昼寝中~。(^o^)

P1120112

左のトンネルは本線へと続く線路。この前に浅草線の終点、西馬込駅があります。

P1120113

馬込車庫を眺めたあとは馬込文士村商店街へ。文士村とは、かつてこの地に多く
の文豪たちが住んでいたことから名付けられた名称。

P1120114

大田区立郷土博物館。この手の博物館・資料館って、無料で見学できる上に、
結構おもしろい展示物があったりするので、侮れません。

P1120115

管内は一部を除いて撮影OK。これはかつて多摩川で盛んだった砂利運搬船の模型。
多摩川の川砂利はとても良質だったので、建設材料としてとても重宝されました。
それらの砂利を運搬するために当初は船が使われていましたが、時代と共に鉄道
貨物が利用されるように。そのために敷設された鉄道が、JR南武線や現在の武蔵
野線の一部となった下河原支線、西武鉄道の多摩川線です。全盛期にには、何本
もの支線が現在の線路から分岐して多摩川の河原近くまで延びていました。
ただ、あまりにも乱採取され過ぎてしまったため川底が低下、各地の橋脚が傾い
てしまうなどの被害が発生したため、昭和39年に川砂採取が全面禁止されました。

P1120117

多摩川の断面(傾斜)を表した模式図。上流から中流(羽村市付近)までの傾斜が
物凄く急であることがわかります。

P1120118

大田区大森の獅子舞。

P1120119

これは二ヶ領用水から分岐する六郷用水の水路を記した地図。水路が網の目の
ように張り巡らされていたことがわかります。この用水によって、この地の
農業が飛躍的に進展したそうです。

P1120120

明治14年の大田区(当時は大森区)の土地利用図。水田(黄色い部分)が大多数を
占めています。

P1120121

昭和10年になると、一転住宅(赤い部分)がほとんど。大正12年に発生した関東
大震災をきっかけに、都心部から郊外へと住居を移すことが時代の趨勢でした。
(当時はこの辺りでも十分に郊外)

こんな感じで、大田区立郷土博物館はとてもおもしろくて、1時間近く滞在しま
した。

P1120123

東京都内にはとても多くの坂道がありますねぇ。それぞれに名前が付いている
こともすごい。

P1120126

この辺りには「臼田姓」の人が多く住んでいたそうな。

P1120128

環七通りに出ました。

P1120130

池上通りとの交差点を左折して、ゴールの大森駅方面へ。

P1120132

ウィロード山王商店街。日も傾き、すっかり影の商店街に…

P1120133

ゴ~ル~ \(^o^)/ 今回のゴールは大森駅ではなく、商店街の一角にある
アキナ山王亭という無料の休憩処。実は、ココの場所がとてもわかりづらいと
クレームがついたらしく、スタート時には「ちょっとわかり辛い場所なので
気をつけてね」的な趣旨のチラシを手渡されました。(^_^;)
suicaのペンギンちゃんのポップも、ゴールの目印として途中から設置された
ようです。このポップ、本来はモバイルSuicaの宣伝看板デス)

P1120134

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。16090歩でした。

P1120135

せっかくの休憩所なので甘酒と酒まんじゅうを頂きました。まんじゅうは最後
の1個だったらしく、買ったら売り子のおねーさんが完売したことを他の店員
さん達と大喜びしていました。(いつも売れ残ってしまっていたの!?)
甘酒は、某チーバな薄~いヤツとは違って、生姜の入った濃いお味で、とても
美味しゅうございました。生姜の風味と香りがグー!(^o^)

しばし休憩したところで撤収。大森駅へと向かいます。

P1120138

大森駅にほど近いところで昭和レトロなホーロー看板を発見!
ボンカレーの看板、懐かしいですねぇ。東芝のマツダランプ
の看板は、本物を初めて見ました!
ここまで来ると、やはり「水島弘のハイアース」と、「由美
かおるのアース渦巻」の看板も欲しいところ。(爆)

P1120140

大森駅前にある文豪マップ。当時、とても多くの文豪たちが移り住んでいたこと
がわかります。


今回のコースはこんな感じ。微妙にこの辺りは歩いたことのないエリア。
見どころの多い良コースでした。 それにしても、この日は風が強かった~!
気温6.7℃というだけでも寒いのに、体感温度は2~3℃くらいの激寒でした。(>_<)

おしまい
                          平成26年2月27日 (記)

開運!蒲田から池上七福神を巡る ①
■平成26年(2014) 1月19日(日)  気温 6.7℃ 風速 8m/s 歩いた距離 11.0km

蒲田の駅ハイは4年振りかな?ものすご~く、久し振りです。
(駅ハイ以外では何度か訪れたけど)

P1120003
駅前から西の方へと続くSunRise商店街。以前来た時もそうでしたが、結構賑わ
っています。

P1120004

商店街の一角になぜかドクロ。お仕置きだべぇ~。(ばき)

P1120005

最初の鉄ポイント。東急池上線の踏切を通過。

P1120007

続いて最初の七福神ポイント、布袋尊の曹禅寺。

P1120008

布袋様はこんなところにいらっしゃいました。

P1120010

その後、曲がりそびれてミスコース。本当はこの踏切のもっと手前で左折する
はずでした。踏切を渡らずに線路沿いの道を進み、本来のコースへ。

P1120014

こちらが正しいコース。踏切ではなく、アンダーガードをくぐり向けます。

P1120016

2番めの七福神ポイント。毘沙門天。

P1120017

次の大黒天はちょっと分かり辛い場所にあるみたい。

P1120018

妙に尖った建物は池上警察署。

P1120024
警察署裏手の路地を左折して・・・

P1120020

この階段を上がったところに大黒天があるようです。

P1120022

大黒天。左にある建物は池上警察署です。

P1120026
妙に怪しい。なんか川か水路っぽい感じの通りだなぁ、と思ったら・・・

P1120025

やはり。この通りはかつて六郷用水だったようです。
暗渠化して、歩道になったんですね。



P1120027

さらに、いかにも暗渠臭プンプンの遊歩道を進みます。

P1120030

池上本門寺に到着~。以前から訪れたいと思っていた場所ですぅ。

P1120032

でも、その前に3番目の七福神ポイント。え~っと、何だっけ…(ばき)

福禄寿でした。(^^ゞ

P1120035

池上本門寺の階段を上り、境内へと進むと…
モヤモヤさまぁ~ず2でも登場した富士山ポイント!(^o^)

P1120048
手水場(ちょうずば)で水を飲むハトさん。

P1120045

池上本門寺の大堂、でかいです。

P1120049

第二次大戦の空襲で焼失しましたが、昭和39年に再建されたそうです。

P1120050

池上本門寺の絵馬は桜の花の形なんですねぇ。

P1120051

まさに旬な願い事。金メダルを取れるに越したことはないけれど、選手の皆さん
実力を出し切って悔いのない演技が出来る事を願っています。

P1120053

これは小さな子供さんの絵馬かな。カラフルでかわいらしい。でもなんて書いて
あるのかは、ようわからん。(ばき)

P1120055

某有名プロレスラーのお墓があちらにあるようですが、興味ないのでスルー。(ばき)

P1120058
五重塔がありました。

P1120057

重要文化財です。建立は今から約400年前も前。日本の木造建築物ってスゴい!

P1120059

展望台のような場所を発見。池上会館の屋上部分にあります。

P1120061

結構、眺めいいですねぇ。

P1120063

ここからも富士山が見えるのですが、手前のマンション群がちょっと残念。

P1120065

北側は五重塔と生い茂る樹木が絵になりますねぇ。

P1120067

池上会館の下にやって来ました。ホントはここはコースではなかったのだけれど、
実はまたミスコースしました。(ばき)

P1120071

ホントのコースは池上会館の東側の坂を下り、4番目の七福神ポイントである
寿老人の照栄院妙見堂を通るのです。

P1120072

ここには妙見菩薩立像があるそうですが、非公開なり。


開運!蒲田から池上七福神を巡る②に続く 

                          平成26年2月12日 (記)
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ