「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201607<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201609
JR東日本東京総合車両センター夏休みフェア2016 ②
■平成28年(2016) 8月27日(土) 気温 24.8℃

JR東日本東京総合車両センター夏休みフェア2016 ① からの続き。


P1400592
建屋の外へ出ると、新品の車輪がズラ~リ。番号順に整然と並んでいますねぇ。


P1400595

ミニ転車台を発見。台車を転線させるのかな?


P1400629
以前来たときは乗れなかった構内引き込み線の試乗体験。本当は国府津車両センター所属の
相模線用205系500番代が使われる予定だったけど、先般の台風9号による水害の影響で
使えなくなり。急きょ中央線のE233系に代わったとか。


P1400626
行先表示は、ホリデー快速相模湖行き。次の停車駅は川越だって!(爆)


P1400612

東神奈川の電留線みたいだけど、東京車両センターの構内です。写っている横浜線の車両は
本日の展示車両。


P1400624
数百メートル走行して折り返し。復路は東京車両センターに並走する品鶴貨物線を湘南新宿
ラインの電車が追い越して行きました。


動画はこちら。

0:32~1:03で湘南新宿ラインの電車が追い越して追い越していきます。


P1400638
続いて台車組立作業実演コーナーへ。これも前回は見られませんでした。


P1400634
奥でスタンバっている作業員さんのところから台車を吊り上げて移動、手前にある車輪に載せて
組み立てます。


P1400645
移動を終えて、車輪に載せようとしているところ。


動画はこちら。クレーンでの移動と台車(車輪、モーター、ブレーキなどの走行装置)組み立て
実演の様子。12分もあるので暇な方、興味のある人はドーゾ。


【見どころ】
0:25~ 吊り上げられた台車が結構な加速で宙を舞います。
1:58~ 台枠部分を車輪の上に下ろして行きます。...
6:07~ 組み上げた台車を再びクレーンで吊り上げます。その後、下ろしてブレーキテスト
9:31~ 3度目の吊り上げ。完成品置き場へ移動。


P1400652

続いては、密着式連結器の取り外し・取り付け作業の実演。取り外すところは人だかりで見えず。
これは連結器を外し終えた後の様子。


P1400660
すぐさま外した連結器がふたたび取り付けられました。


P1400655

この手のイベントでは大人気のミニ電車。今回から山手線の新型車両E235系が投入されました。


P1400658

E233系のサロの周りを走るミニ電車の図。(笑)


P1400667

黄色い車両で中央特快高尾行きの表示は現実ではまずありえないでしょう。(^o^)


P1400672

今回のイベントには、JR東日本傘下の東京臨海高速鉄道(りんかい線)も参加。りんかい線の
沿線風景を再現したジオラマ模型を出展していました。


P1400674

お膝元だけに、新木場駅付近がよく再現されていました。


近年、車両基地公開系のイベントはどこも大盛況。コアな鉄道ファンくらいしか訪れなかったのも
今は昔。昨今は鉄チャンよりもファミリー層の方が多いくらいです。

おしまい 

                                        平成28年9月4日 (記)



関連記事
スポンサーサイト
JR東日本東京総合車両センター夏休みフェア2016 ①
■平成28年(2016) 8月27日(土) 気温 24.8℃

毎年8月の最終土曜日に開催されるJR東日本の「東京総合車両センター夏休みフェア」。
夏休み最後の大型鉄系イベントということで、毎回賑わっているようです。
何年か前に一度行ったことがあるけれど、のんびり午後から行ったのでめぼしいイベントは、
ほとんど終了していました。今回は朝イチとまではいかないけれど、開場1時間後に到着。

P1400466
旧大井工場と旧山手電車区(車庫)が合併して出来た東京車両センター。JR大井町駅から
徒歩10分ほどのところにあります

P1400470

入口から入ると、かつて京浜東北線で活躍していた209系がお出迎え。

P1400471

本イベントで一番の(?)人気企画「車体洗浄装置体験乗車」の整理券は入口を入って
すぐのところで配布。11時に到着したら、すでに午前の回は終了。午後の回の配布は、
12時から開始とのことですが、すでに1時間前の11時から長蛇の列。今回は諦めました。

ちなみに、所詮車体洗浄、何がそんなに面白いの?と侮るなかれ。この体験乗車、旧山手
電車区の特徴である「地下車庫」に潜入して、そこから洗浄体験の電車に乗り込むという、
超レアな 体験ができるのです。

P1400474

そしてこちらも目玉企画のひとつ、車体吊り上げの実演。こちらは整理券無しで見物できます。


P1400482

クレーンが下りてきて、職員さんがフックを車体に取り付けます。


P1400494
移動開始!


P1400492
フックといっても、車体に引っ掛けているのはたったのこれだけ!


動画はこちら。

見どころは2:35あたりから。吊り上げた車体が頭上に迫って来て迫力があります。
また、普段見ることの無い「電車の床下」がどうなっているのかもわかります。





P1400511

これはトラバーサー。車両を載せて平行移動し、車両を別の線路へ転線(入換え)。


P1400516

展示車両のひとつ、E233系3000番代。
行先表示が「黒磯」ってのがマニア心をくすぐります。


P1400520

この手のイベントでは毎回人気の「車掌体験」コーナー。もちろん、監修はお笑い芸人の
中川家礼二さんです。(ウソ)

P1400521

なんと、この時点での待ち時間は、どこぞの120分!
まるで、どこかのテーマパークのアトラクションみたい~。(^_^;)

P1400531

首都圏を代表する車両になったE233系。今回は4路線のバリエーションが勢ぞろい。
右:中央線用E233系0番代
左:東海道、東京上野ライン用E233系3000番代)


P1400535
右:東海道、東京上野ライン用E233系3000番代)
中:京葉線用E233系5000番代
左:横浜専用E233系6000番代


P1400550

ちょっとガッカリなイミテーション・ヘッドマークもありました。(笑)


P1400554

クハ201の切り抜き文字が。201系も関東では既に過去のものに・・・


P1400563

パッと見、車輪のようだけど実は空気バネ。


P1400642
空気バネとは乗り心地を良くするための装置で、ここについています。文字通り中に空気が
入ったバネで、例えるならゴムまりをつぶして、クッションにしたようなようなものです。


P1400565

E233系の動力源゛MT75形主電動機”。昔はMT55形なんて型の電動機が103系に使わ
れていたけど、昭和は遠くなりにけり。


P1400566



P1400568

これは電動機(モーター)のカットモデル。赤茶色の部分が回転子。


P1400583
モーターの保守ラインを説明するためのジオラマ。


P1400584

suicaのペンギンちゃんが働いています。(笑)


P1400587

修繕ラインをモーターが流れてきます。ときどき、ラインの調子が悪くなって、説明員のオジサンが
棒で引っ張るのはご愛敬。(笑)


P1400580
他のペンギンちゃんは東京駅の前でリラックス~(笑)


P1400578

おぉ~、これは新橋駅前に保存・展示してあるC11形蒸気機関車ではないか!
良くできています。


その②に続く

                                      平成28年9月4日 (記)




三脚購入
■平成28年(2016) 8月20日(土)  

DSC_0403
長いこと趣味で写真撮ってますが、このたび初めて本格的な三脚を購入~。

あ、もちろん今までも三脚は使ってたんですけどね。実はその三脚は高校生の

ときに写真部の先輩から借りたもので・・・(^^ゞ

そろそろ、返さないといけないので新たに購入した次第。(笑)

ってか、もはや先輩の連絡先はわかりません。先輩ゴメンナサイ~

そして、ありがとう~。 30年間、大活躍でした!




IMG_20160821_114934
購入したのはコレ。ビックカメラで16470円(税別) といっても貯まっていた

ポイントを使ったので、現金等の支払いは無し。(^o^)

しかし30年間の技術の進歩ってすごいっすね。格段に使い勝手がよくなってるし、

軽量化もされているし。これまでの三脚に代わって活躍してくれることでしょう。

※先輩から戴いた借りている三脚は今後は予備ということで。




■おまけ■

DSC_0404
ついでに一脚もお買い上げ~。こちらは三脚が使えない環境で。(^o^)




旧姫路モノレール大将軍駅一般公開

■平成28年(2016) 8月13日(土) 気温 31.6℃

幻の駅と言われている旧姫路モノレールの大将軍駅。今夏からの取り壊しを前に48年ぶりに
一般公開されることになり見学してきました。物珍しい見学会ということで競争率10倍以上の
抽選 でしたが、見事当選しました。(爆)

【姫路モノレール】
昭和41(1966)年、姫路大博覧会の開催に合わせて開業するも、高額な運賃ゆえ博覧会
終了後は利用者が低迷、わずか8年で運航休止、その後廃止されてしまった姫路モノレール。
(当時、バスの初乗り運賃が20円の時代に、モノレールの運賃は100円。現在の物価換算
では1000円くらい。わずか1.8km、数分の乗車時間にその運賃では誰も乗りませんな。。。)

中でも唯一の中間駅だった旧大将軍駅(だいしょうぐんえき)は、さらに短いわずか2年で営業
休止になった幻の駅。この駅は10階建て高層住宅の3,4階を繰り抜いて駅が設けられるという
珍しい構造。 住宅そのものは昨年まで居住者がいたが、耐震性に問題があることが判明し、
今夏から取り壊されることになり、それに先立つ8/13~8/14の2日間、営業休止以来48年
ぶりに内部が一般公開された。

http://response.jp/article/2016/08/13/280049.html


IMG_5623
取り壊される予定の高層住宅。高尾アパーと言います。大将軍駅はこの建物の3,4階部分に
設けられています。


IMG_5627


IMG_5629

受付を済ませると、手柄山にあるモノレール展示室のパンフレット、マスク、入構証の3点セットが
渡されました。


IMG_5637

報道陣向けのプレス公開が終わり、一般向け見学の第一陣がスタート。
指定時刻よりも10分早く内部へ。見学時間が増えてラッキー。


IMG_5689
2階部分までは近年までビジネスホテルが営業していたので比較的きれいですが、その先は・・・
これでも関係者の方々が数日前まで大がかりに掃除したそうです。


IMG_5685

エスカレータの遺構。


IMG_5698
そして、階段を上ると改札口に到着。


IMG_5712

改札口の脇にある出札窓口。


IMG_5713

丸穴から中をのぞくと・・・内部は鳥のすみか状態。(^^;)


IMG_5679
48年の月日に時刻表もかすれて・・・


IMG_5643
旧ホーム部分から姫路駅方面を望む。割と最近までもう少しレールが残っていたらしいです。


IMG_5650

ホームに展示されていた営業当時の写真。


IMG_5651

当時の駅名。普段は手柄山公園の旧モノレール手柄山駅跡に設けられた「モノレール展示室」
に保管されているそうです。


IMG_5663

報道陣も数社取材に訪れていました。

”幻のモノレール”駅 48年ぶりの一般公開|MBS 関西のニュース

昭和レトロの姿そのままに 旧姫路モノレール大将軍駅 解体前に一般公開始まる - 産経WEST

封印の姫路モノレール大将軍駅48年ぶりに公開 駅ビル取り壊しを前に - 姫路経済新聞


IMG_5664

柱の向こうには新幹線の高架橋が見えます。


IMG_5718
当初予定30分+おまけの10分の見学時間が終了して、再び外へ。
入口前では次の見学者がスタンバイ中。

以前から、いつか見に行きたいと思っていた旧姫路モノレールの遺構。今回、幸運にも取り壊し
前に最後の姿を見ることが出来てラッキーでした。

それにしてもこの駅、なんでこんなところに造ったんだろう。姫路駅までの距離は600m。歩いても
せいぜい10分足らず。モノレールの運行間隔は15~20分だったから、乗り遅れたら次の列車を
待っているより歩いた方が早いとな。(笑)



「旧姫路モノレールの遺構巡りとモノレール展示室見学」に続く。       
     
    
                                       平成28年8月15日 (記)


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ