FC2ブログ
「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
四国の旅-宇和島から松山・道後温泉へ-

■平成20年(2008) 3月20日(木) 晴れ


さて、宇和島からの続きですが、その前に

前回のトロッコ編に載せ忘れた写真を2点



トロッコ列車の指定席券。

一人目の購入者だったのか、1番A席。

でも実際にはガラガラだったので好き勝手

に左右に移動してカメラ写真を撮ってました。



車内では記念乗車証をくれました。

元祖と書いてあります。

どうやらトロッコ列車 というのは、ここ

予土線が発祥のようです。


 

宇和島から松山までは鈍行でも行けるの
ですが、道後温泉でゆっくりしたいので

ここも特急に乗ってワープしました。



菜の花が満開。春ですね。




宇和島を出てしばらくしたところで日没。

 

松山にて夕食。海鮮丼1050円也。
比較的安いのでは。


夕食後は路面電車に乗って道後温泉へ。



道後温泉駅。


案内図



駅前にはからくり時計と・・・


 



足湯がありました。



訪れた前日の3/19に、道後温泉本館を
見下ろす駐車場に展望スペースが整備
されたとのこと。(海鮮丼を食べたお店に

あった地元紙に記事が載っていました)


そこからの眺めは・・・


じゃ~ん!!これ!

まるで箱庭を眺めているようです。


昭和どころか明治大正の雰囲気です。





ここで入場料を払って中へ。

湯加減は少し熱め。1日の締めくくりに
ふさわしい極楽極楽なひと時でした。



温泉には定番の瓶入り牛乳がありました。

やはり腰に手を添えて飲むのがお約束

ですかねぇ。(飲みませんでしたが・・・(^_^;))



再び道後温泉駅へ。駅前には坊ちゃん
列車が展示してありました。
昔走っていた機関車と客車を忠実に
再現したものだそうです。
これ実際に走っています。


ただし機関車の動力は石炭ではなくて
ディーゼルエンジンです。
雰囲気を出すため、煙突からは煙の
代わりに水蒸気を出しているそうです。
(地球にやさしく)


関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
1 ■温泉
建物がよい雰囲気ですね。

青春18きっぷって特急も乗れるのですか?
それとも別に乗車券も買うのですか?
2008/03/26(水) 06:04:37 | URL | masaru-mobile #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■青春18きっぷでは
特急には乗れません。
特急券と乗車券を改めて買わないといけません。なので特急で時間短縮する場合でも、極力短区間で済ますようにしています。
2008/03/27(木) 00:33:56 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.