FC2ブログ
「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201907
サンライズ出雲

先日の旅行の帰りに乗った寝台特急

サンライズ出雲です。

これまでなかなか乗る機会が無くて、

今回初めて乗りました。




080415_002754.JPG

上りの東京行きは大阪発0:34です。

寝台急行銀河亡き後、大阪から乗れる

唯一の東京行き夜行列車です。


乗ったのはB寝台シングル。

1人用の個室B寝台です。


車内は2階建てになっています。


ここが階段部分。2階と1階に分かれます。


ここは1階室です。

B寝台シングルの入口から室内奥手を

見たところ。



入口近くには棚と鏡があります。


部屋の奥から入口側を見たところ。


080415_005906.JPG
室内にはAC100Vのコンセントもあります。

カミソリ専用と書いてありますが、パソコン

くらいなら使えそうです。試そうと思いましたが

睡魔に勝てず未検証・・・(ばき)

ちなみに挿し口は1つです。写真は3つ口の

分岐を使ってます。



こちらは1人用B寝台個室シングルツイン。

シングルツインという微妙に謎な名前ですが

基本は1人用です。

上下2段にベッドがありますが、上段は補助

ベッドです。2人で使用することもできます。


これは「のびのび座席」というカーペット敷きの

車両。乗車券+特急料金のみ、寝台料金なし

で乗れます。いわゆるごろ寝席です。



このようにカーテンで仕切れて2段式に

なっています。


こちらはサンライズで1番高い寝台の1人用

A寝台個室(シングルデラックス)と、2人用の

B寝台個室(サンライズツイン)です。



1階が2人用のB寝台個室です。



2階が1人用A寝台個室です。

どちらも満室だったので室内の写真は撮れ

ませんでした。


列車内には飲み物の自販機もあります。


最近ではすっかり利用頻度も低くなってしまった

公衆電話もあります。



このようなミニサロンもあります。



なかなか寝付けない人や、早朝に目が覚めて

しまった人は、ここで流れ行く夜の街明かりを

眺めるのもいいでしょう。


こちらはもっともお手ごろ価格の1人用B個室
ソロです。



シングルとの違いは階段が室内にあるので

若干狭い点です。

シングルは車両全体(部屋+廊下)が2階

建てで、ソロは部屋の部分だけが2階建て

になっています。



列車内にはシャワー室もあります。

シャワーを利用するには車掌さんから

シャワー間を購入します。

A寝台個室利用者はもれなくシャワー

券が付いてきます。購入しなくても

写真とは別のA寝台個室利用者専用の

シャワー室が使えます。


080420_175754.JPG

シャワー券310円。

6分間シャワーを使えます。

短いようですが、実際使ってみると十分

間に合います。でも髪の長い女性の

場合は足りないかも知れません・・・


シャワー室内です。

奥の緑のボタンを押すとお湯が出て

赤のボタンを押すと止まります。

残り時間がカウントされるのでウルトラマン

の気分が味わえます。(爆)


こちらは脱衣所。ドライヤーも付いてます。


翌朝、東京付近で京浜東北線と併走

しました。1階室からの眺めなので

見上げるような感じです。



サンライズのロゴマーク。


東京駅にて。


先頭車両。


つぎはA寝台個室のシングルデラックスに

乗ってみたいな。


こちら のサイトにサンライズのことが

詳しく紹介されてます。


おしまい



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
1 ■すごい
ですね!
ホテルがホームに入り込んで来たっ!
てな感じです。
6分で終わるように練習しときます。(笑)
お風呂のタイマーで。
2008/04/21(月) 02:22:12 | URL | まんま #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■昔の
旧国鉄時代の車両とは違って、内装は住宅機器メーカとの共同開発だったと記憶しています。木目調でシックな感じに仕上がってますね。
2008/04/21(月) 08:16:50 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ