FC2ブログ
「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
飛騨トンネル(7/1更新)

白川郷散策のあとは、いよいよ未開通

区間の走行です。


現在の末端部分である白川郷ICから

東海北陸道に乗ります。

未開通区間への分流点に差し掛かります。

NEXCO(中日本高速会社)の社員さんが

パイロンをどかしてバスを誘導します。

ここでNEXCOの社員さんがバスに乗って

きて案内を行います。

時速30~40km/hほどのゆっくりした

速度で本線に合流。その後もゆっくりと

進みます。

まだ開通していないので、あくまで工事

区間の扱いです。ゆっくり進みます。

短いトンネルをひとつ抜けたあと・・・

いよいよ本日のメイン、飛騨トンネルに

突入です。

まだ排ガスに汚れていないのできれいです。

前の座席の人はビデオ撮影に夢中です。


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=aXs52qg75nW:bhad:Nn:bc:zrpamJeqH7MIbf7/xmLinbWWUrEKPL:4BxG:34:5P:gK33deASbcUJKsWlJUdA7x&width=320&height=240&skin=gray



トンネルの中間地点は青と赤のライトで

照らされてます。開通後も続けるのかな?

さらにしばらく行くと・・・

トンネルの貫通地点です。先ほどの中間

地点とは別の部分です。

難工事ゆえ、中間地点と貫通地点が別の

場所です。


高山川の出口が見えてきました。


ゆっくり、ゆっくりトンネルを抜けて、飛騨

トンネルの出口付近で見学会です。

NEXCO社員さんが説明をしています。

結構な人だかり。

今日のコースだけでバス6台と、結構

参加者います。
みんな道路マニアか!?(笑)

飛騨トンネルと次のトンネルの間に

パーキングエリアがあります。

ものすごい急カーブなので事故の

発生が心配です。



路面に這うアングルでの撮影。

開通後はこんなこと出来ません。

次のトンネル。

これは先進導口(地質調査を兼ねた

パイロットトンネル)

本線トンネルの完成後は緊急用の

トンネルとして活用します。





名神高速との合流地点まで130.3km。

分離帯の植物。

いずれもっと大きくなるんでしょうね。


今度の開通区間は、9割がトンネル

だそうです。


NEXCOの社員さんは、ここでも解説中。

こんな山奥深い場所を通っています。

もうじき未開通区間終点の「飛騨清美」

ICです。


IC手前の工事車両出入り口から出ます。

ほぼ直角に左折。







工事車両用の通路を下って行きます。

開通後は緊急時以外バスが通ることは

無いでしょう。

ここで一般道に合流します。


NEXCOの社員さんが手を振ってお見送り。

ありがとうございました~


このあとは高山散策と温泉へ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
1 ■山岳ハイウエイ
トンネル出てすぐにPAですか。追突注意ですね。東海北陸自動車道は最高地点があるのですよね。(前は中央自動車道1015M)冬場は大変ですね。地図を見ると高山に配慮したルートになっていますね。いずれR158経由、松本ー安房ー高山ー東海北陸ー福井までも楽になりそうですね。次の開通は福島県の甲子トンネルかな?
2008/06/28(土) 23:34:48 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■甲子トンネル
調べてみたら、このトンネルを作っている国道289号線はいろいろと興味深い国道ですね。
未開通区間が登山道国道だったり、アプローチ部分のバイパストンネルが開通後7年で地すべりのために廃道になって新たなトンネルを作り直したりと・・・
ぜひとも行ってみたくなりました。(^O^)/
2008/07/06(日) 21:17:09 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
3 ■甲子トンネル開通
http://www.thr.mlit.go.jp/koriyama/index.html
9月21日(日)開通と情報が出ています。
行って見たいですね。あと権兵衛トンネルも行ってないのです。
2008/07/13(日) 21:22:29 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.