FC2ブログ
「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
乗り鉄と名古屋高速新路線走破 (7/27)

■2008年7月27日(日) 晴れ 気温34℃


この日は乗り鉄兼新規開通高速道路走破

の旅。昨年12月に名古屋都市高速6号線

が開通したので走りに行きました。


今日も関西本線を東進します。


昨日も通った木津川沿い。


柘植駅に到着。

昨日の伊賀上野駅に似た作りです。



関西本線の加茂~亀山間は非電化の

ローカル線で、日中片道1時間に1本の

列車が走ります。



「大カメ」といっても大きな亀のことでは

ありません。JR西日本大阪支社亀山

鉄道部の所属、という意味で、大阪支社

を意味する「大」と、亀山を意味する「カメ」

からとった略称です。


うかつにも有名な中川家信号所、じゃなくて

中在家信号所は居眠りして見逃してしまい

ました。。。(^▽^;)


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=/8s52qg75nW:bhad:Nn:di:yyAp97wemnR8Lf7/xmLahadTQogKJUd:Dx/O:x5:PW:WLMuZNSOODT7NhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

柘植→加太(加太駅到着)


亀山駅に到着。かつては紀勢本線との

分岐点として賑わっていただけに大きな

駅ですが、今では寂しくなってしまいました。


ここからはJR東海の電車に乗り換えです。

名古屋からJR中央本線に乗り換えて

勝川へ。ここでレンタカーを借りました。

春日井ICから東名に乗り・・・

あれ、国道19号?

名古屋高速を走るのでは!?

さらに進むと国道418号線。

国道からわき道にそれてこんな道を・・・

なんか中山道っぽい雰囲気!?


おや~!? 

どこかで見たことある人が!

聞くところによると、中山道を歩いて来た

そうです。(爆)


中山道ウォーカー氏も同乗してドライブ~

道の駅にて昼飯です。

そばがおいしいらしいです。




天ざるそば。まいう~!

天ぷらが結構ボリュームありました。


さて、昼食後、ちょっと渋滞していた国道を

それてわき道に入るとこんな石碑がありました。


中街道と伊勢街道の分岐点、すなわち

追分のようです。

だいぶ寄り道しましたが、ようやく本来の

目的の名古屋高速走破です。

名神高速一宮JCTから分岐します。

名神から直接名古屋高速につながったので

便利になりました。一宮JCT~清洲JCTまでは

名古屋高速16号線で、この区間は数年前に

既に開通済み。

右の料金所は一宮IC出口。

名古屋高速16号線へは左へ進みます。

最近はレンタカーでもETCが使えるので

便利です。


一宮以北からの本線と合流。


清洲JCTを過ぎて名古屋高速6号線の

新規開通区間に突入。

昨年12月開通ですが、まだきれいです。

この斜張橋は庄内川にかかる橋です。

庄内通入口手前に直角コーナーがあります。



明道町JCTで都心環状線と合流して

走破完了~

高速を下りて温泉に立ち寄り。

名古屋駅至近、名鉄名古屋の隣駅近くに

こんな温泉温泉がおったとは知りませんでした。

中山道ウォーカー氏御用達だそうです。

温泉に入った後、レンタカーを返して再び

電車で移動です。

帰りは東海道本線です。

岐阜駅発車時の夕日。



ここは大垣発車直後だったかな?

向こうの山は伊吹山かな。





京都に到着。

ここでJR奈良線に乗り換え。

快速なのに古い電車(103系)

昼間だと221系のクロスシート車なのに~



おしまい

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
1 ■こんなところで
ウォーカーさんをピックアップだったんですね。
もう鉄道が不便な区間を歩いているのかな?!
2008/08/03(日) 17:26:38 | URL | masaru-mobile #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■中山道
このあとはしばらく中央本線沿いなんですかねぇ。中山道はあまり研究してないもんで・・・(^^ゞ
この先、最大の難関はやはり和田峠でしょうかねぇ。
2008/08/03(日) 22:45:37 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.