「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
東北新幹線はやぶさ、時速320㎞/hは超速い!

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その1)

■平成25年(2013) 11月26日(火)  気温 8.8℃(青森)

勤続ウン年目のリフレッシュ休暇ということで、11/23~12/8まで、ナント
14連休中でして。今年は夏休みが取れなかった分、ここでガッツリ休ませて
もらってます。(^o^)

で、ホントは夏に行きたかったのだけど、ようやく温めていた計画を実行。
来年廃止される予定のJR北海道江差線と、寝台特急あけぼの乗り納めの旅
に行ってきました。
(ちなみに、5年前の休暇のときは四国の城巡りをしたなぁ)

P1090895
鉄の朝は早い、ということで始発電車で東京駅へ。東北・山形・秋田・上越・
長野新幹線のりばの案内表示のマークは、懐かしの200系を模したもの。いずれは
E5系に変わるのかな。

P1090899
列車編成のご案内。はやぶさとスーパーこまちの併結編成は、新幹線最長の17両
編成。


P1090900

ちゃんとE5系とE6系のイラストになっています。(・o・)オォ~

P1090916

6:32発のはやぶさ1号新青森行きで出発です。はやぶさには、震災直後の臨時
ダイヤのときに乗ったことがありますが、本格的な営業開始後は初めてです。
当時の臨時ダイヤでは、福島以北辺りで170km/hの徐行運転をしていました。
(その分、長く乗れたので、それはそれで良かった)

P1090911
と、その前に22番線へ行って撮り鉄。このデザイン、嫌いな人もいるけど個人的
にはカッコいいなぁと思います。

P1090913
23番線にはE4系が停車中。これももうじき全廃ですねぇ。数ある新幹線の中で
一番カモノハシっぽい顔をしています。

P1090914
大量輸送に貢献した車両ですが、最高速度が240km/hである点が災いして、昨今は
運行ダイヤ上のお荷物になってしまったとのことです。せめて、275km/h出せれば
ねぇ…

P1090906
では、いよいよはやぶさに乗車します。乗車口ではアテンダントのおねーさんが
お出迎え…

P1090901
そして、はやぶさのエンブレム。旅立ちの高揚感を掻き立てます!

P1090917
じゃ~ん! グランクラス~ (^o^) せっかく乗るんだし、ここはババンと
大枚はたいて奮発しちゃいました。では、いざ室内へ!


P1090919

お~、扉がもう1枚。やはり豪華車両は違いますねぇ~。(ばき)

P1090920

そして、ついに室内へ! シ、シートがでかい! (^_^;)

P1090983

反対側からも。

P1090976
1人掛けのシートはこんな感じ。見るからに座り心地よさそう。

P1090975

2人掛けシートはこんな感じ。指定券は1人掛けシートでもよかったのだけれど、
景色が逆光になってしまうのが難点。幸い早朝ということで、とても空いていた
ので、2人掛けシートをチョイスしました。となりは空席なので、ゆったり~。

P1090922
シート間の肘掛けの大きさがハンパない。小さい子供なら腰かけられるんじゃ
ないの?ってなくらいのゆったり感。

P1090982
ちなみに、網棚なんて無粋なものはございません。飛行機のような荷物入れが
頭上に設置されています。


P1090923

シートピッチも広~い。前の座席との隙間はこんなにありますぅ。
グリーン席標準の1,160mmよりさらに広い1,300mmもあります。
ちなみに、普通車は1040mmです。


P1090925

さらに各シートごとにスリッパが用意されています。

P1090927

スリッパの入れ物は、ちゃんと封印されていました。ちなみに、このスリッパは
お持ち帰り自由です。もちろん記念に持って帰ったのは言うまでもありません。(爆)

P1090974
今日日の列車トイレの進化はすごいです。E5系のグリーン車とグランクラスの
トイレは温水洗浄機付き。(普通車は普通のトイレ)
(さらにすごいのは、再来年開業予定の北陸新幹線用E7系。確か全車両のトイレが
温水洗浄機付きだったかな。)

P1090930
テーブルは座席の横に収納されています。使うには…

P1090931

取っ手を手前に引き、

P1090932

されに、上へと持ち上げます。この上へ持ち上げるという動作が最初わからず、
あれやこれやといじくりまわしてしまいました。ま、あとで気づいたことですが
取扱説明書にちゃんと操作方法が書いてありました。(^_^;)


P1090933

で、上まで引き上げたら、手前に倒すとテーブルの出来上がり。

P1090937

飲み物など、小さなものは肘掛けにビルトインされた小テーブルを使うことも
出来ます。

P1090980
読書灯は丸い部分を回転させるとON/OF出来るらしい。なかなかのすぐれもの。

P1090939
しばらくすると、軽食タイム。和食か洋食のどちらか1つのお弁当を選べます。
今回は和食を戴きました。


P1090943

製造元はもちろん、NRE大増。→Uさん、質問に先に答えちゃった。(爆)

P1090947

軽食ということで、量的にはちょっと物足りないかな、って感じです。
お味はまぁ、至って普通でした。(^^ゞ

P1090941
飲み物は飲み放題で、以下のものが選べます。優雅にワインなんぞを飲みたい
気持ちもありましたが、まだ先の行程があるので紅茶にしておきました。
でも、ちょっと色が薄くね?(ばき) (でもちゃんと紅茶の味がしました)
ちなみに、よく見るとグラスにもグランクラスのロゴマークが入っています。
カネかけてまんなぁ。

●アルコール
ビール、ワイン(赤/白)、日本酒、シードル

●ソフトドリンク
【ホット】コーヒー、緑茶、紅茶、ハーブティー
【アイス】コーヒー、緑茶、黒烏龍茶、アップルジュース、コーラ、
ミネラルウォーター

P1090951
軽食のほかには、お茶菓子も用意されています。これはあられ煎餅。これにも、
グランクラスのロゴが入っている~。(・o・)ウヒョー


P1090952
もうひとつは、ブッセ。


P1090960
天気も良く、はやぶさは快調に速度を上げて進みます。鉄塔マニアにはたまらんち
な景色もビュンビュンと流れています。

P1090961
時速320km/hを出すのは宇都宮を過ぎてから。300km/hを超えても揺れはほとんど
無く、快適そのもの。

Screenshot_2013-11-26-07-33-59
GPSアプリで速度を計測した結果。公称320km/hですが、実際は320km/hを超えない
ように、少し(5km/hほど)速度を落としているはずなのでこんなもんです。
(アプリ上の最高の322.2km/hというのは誤差でしょう)
それにしても、15分で約80kmも移動してしまうなんて、凄すぎる…(・o・)

P1090970
そして、わずか1時間33分。あっという間に仙台に到着。

P1090971
あ、そういえばグランクラスは各座席にコンセントがあるんだった。これは充電
に使わねば! ということで、臨席が空席なのをいいことに、コンセントをフル
活用!(ばき)

P1090972
仙台を過ぎるあたりまでは青空が広がっていましたが、盛岡付近からどんより
曇り空に。盛岡では小雨がぱらついていました。

盛岡以北は速度がぐっと下がって260km/hに。これは整備新幹線が最高速度260km/h
を想定した仕様で設計・建設されたためです。60km/h下がっただけで、うんと徐行
しているかのような錯覚にとらわれました。それくらい、320km/hの体感速度って
速いのでしょう。


P1090993
それでもわずか3時間15分で新青森に到着。東京~新青森間(約700km)をかつての
東海道新幹線東京~新大阪間(約500km:3時間10分)とほぼ同じ所要時間で走破して
しまうのだからすごいです。

P1090986
線路はこの先、北海道へ向けて建設中。2年後には新函館までが開業の予定。
さらに、14年後の平成37年(2027)には、青函トンネルを経て札幌まで開業の予定。
今は航空機が9割以上を占めている東京~札幌間の輸送シェアも、新幹線が開業し
たら変化が現れるかな!?

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その2) に続く。


                          平成25年12月4日 (記)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
豪華車両
ですね。お弁当は瞬殺?
このブログまだなじんでいません。
この記事出すのに結構難儀しました。
何日か前まではホーム、しかなかったような。
どこかに記事一覧が出せるといいのですがね。
2013/12/12(木) 21:32:15 | URL | イチロー #- [ 編集 ]
Re: 豪華車両
> ですね。お弁当は瞬殺?

ほぼ。(ばき)

> どこかに記事一覧が出せるといいのですがね。
記事一覧、ありませんか?
いちおう、PC版、スマホ版、携帯版、いずれも
記事一覧表示されはずなんですが…
2013/12/14(土) 23:01:09 | URL | yohnen #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ