「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
青森から木古内へ。海峡線は新幹線工事真っ盛り。

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その2)

■平成25年(2013) 11月26日(火)  気温 7.8℃(木古内)

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その1) からの続き。

新青森に到着後はスーパー白鳥に乗り換えて北海道・木古内を目指します。

P1100008
新青森を出発したスーパー白鳥は、いったん青森駅に停車。ここで進行方向を
変えて函館駅を目指します。


P1100009

スーパー白鳥の789系車両。出入り口には青函トンネルの位置をイメージした
イラストが描かれています。

P1090998
座席に座ると、目の前のシート背面に青函トンネルを通過する時刻表が掲示され
ています。列車ごとに青函トンネルに出入りする時刻や最深部を通過する時刻が
書かれており「その瞬間を」目にしたい人にはありがたい情報です。


P1100013

遠くに北海道新幹線の高架橋が見えます。

P1100017

新幹線の軽食はちょっと物足りなかったので、新青森駅で駅弁を購入しました。

P1100018

いくら、カニ、鮭、ウニの4色丼。あ、しまった。苦手なウニが入ってる…(ばき)
でも、食べてみたらウニも結構いけました。


P1100024

津軽線と海峡線の分岐点。津軽線はこの先、三厩(みんまや)へと向かいます。
そして、遠方には北海道新幹線の高架橋。次第にこちらに近づいてきます。
ちなみに、津軽線の終点三厩、駅名は「みんまや」と読みますが、地名は、
「みうまや」と読みます。


P1100030

北海道新幹線の高架橋がググーッと近づいてきて…
津軽線は左手へ、こちらの海峡線は右手へと進んででいきます。


P1100032

こちらの海峡線の線路は、北海道新幹線の高架橋を潜り抜けてから大きく右に旋回、
北海道新幹線の高架橋と合流します。


P1100034

海峡線の上下線が離れ、その間に新幹線の線路が合流してきます。

P1100035

線路はまだ敷かれていません。まだ路盤の工事中です。

P1100043

津軽今別駅は新幹線工事のため大改造中。海峡線の線路は左右に大きく離れ、
元の線路は既に撤去されています。ここに新幹線の線路を敷き直すのでしょう。


P1100047

津軽今別を過ぎると、すでに新幹線の線路が敷けるように準備されていますが、
まだ線路は敷かれていません。


P1100051

さらに進むと… お~、3線軌条! 新幹線の線路が敷かれています!

P1100052

線路の写真を撮っていたら、貨物列車が通過しました。

P1100040
青函トンネルの入るまではいくつかのトンネルを通過します。青函トンネルと
紛らわしいため、車内の案内表示機に通過するトンネルの名前が表示されます。


P1100054

ご丁寧に「次が青函トンネル」の表示も。(笑)

P1100055

そして、ついに… 「青函トンネルに入りま…」

P1100057 
「…した!!」 びっくりマーク付き・(笑)

P1100061
青函トンネルに入ると、こんな表示に。トンネル内のおおよその通過位置が
表示されます。

P1100060
トンネル内は非常に湿度が高いのであっという間に窓ガラスが曇ってきます。


11/10に今年度の営業を終了した竜飛海底駅を通過。竜飛海底駅は、北海道側
の吉岡海底駅と合わせ、非常時の避難用拠点として設けられています。緊急時
は、ここに列車を停車させ、駅に隣接して設置された避難スペースに避難する
ことになっています。トンネル内のこのような施設は珍しいので、開業当初か
ら今日まで見学コースとして開放されていましたが、新幹線を通すに当たり、
トンネル内の仮設ホームが新幹線走行の支障となるため、駅としての機能が廃
止されることになりました。仮設ホームは撤去されますが、避難施設としての
機能はそのまま残ります。あ~、1度海底駅を見学したかったなぁ。


列車はさらに進み、いよいよトンネルの最深部へ。青函トンネルは海面下140m、
さらに海底下100m、合わせると海面から240m下を通過しています。トンネルの
最深部には青と緑の照明が設置されており、通過する車窓から見ることが出来
ます。(0:57~1:04)

P1100064
青函トンネルを抜け、北海道に上陸。1日に2本しか列車が止まらない知内駅を
通過。この駅も来年春に廃止の予定です。


北海道新幹線の北海道側分岐点。新幹線の線路が高架となって分かれていきます。

P1100068
木古内駅に到着。江差線の普通列車が停車中。1両編成のワンマン列車です。
江差線ホームの横では新幹線駅舎の工事が絶賛進行中。


P1100070
この光景も来年5月で見納めです。

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その3)に続く。

                          平成25年12月4日 (記)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
見納め
中小国(なかおぐに)信号場の所は減速でしたか?
新青森から乗った電車は後ろ向きでした?
お弁当、吉田屋、確か八戸の駅前にあったような。
2013/12/12(木) 21:37:36 | URL | イチロー #- [ 編集 ]
Re: 見納め
> 中小国(なかおぐに)信号場の所は減速でしたか?
 →そーいえば、減速したかな?(ばき)

> 新青森から乗った電車は後ろ向きでした?
 →後ろ向きです。

> お弁当、吉田屋、確か八戸の駅前にあったような。
 →八戸にある根城、まだ制覇していないなぁ。
2013/12/14(土) 23:04:15 | URL | yohnen #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ