「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
函館の夜 -べこ餅と三種丼と温泉と-

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その10)

■平成25年(2013) 11月27日(水)  気温 4.2℃(函館)

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅(その9) からの続き。

急遽予定を変更して、11/27晩の寝台特急あけぼのに乗ることにしたため、函館
に一泊。函館に向かう江差線の車内でネット検索して宿の予約完了。便利な世
の中です。

P1100466
函館駅前にもいくつかビジネスホテルがありましたが、「天然温泉大浴場有り」
に釣られて、駅からちょっと歩くけど(といっても徒歩10分弱)、スーパーホテル
函館に宿泊。市電にのって1駅ですが、まあ乗るほどの距離でもなし。

P1100467

函館市営バス? 色合いが東急バスに似ていますねぇ。

P1100468

すみません 回送中 です」。 なんとも律儀な行き先表示。(^o^)
順調に走っているときは「おかげさまで 快走中 です」とかやってやってくれたら
面白いなぁ~(ばき)

P1100504
駅前の宿にしないで歩いたおかげで、こんなお店を発見。べこ餅って何だ~!?
キニナルなぁ。といった訳で店内へ。

P1100474
これがべこ餅。北海道から東北の一部にかけて、端午の節句に食べられる和菓子
だそうで、白玉粉、もしくは上新粉と片栗粉、黒砂糖などをこねて作るそうです。
Wikipediaによると、白と黒のまだら模様が牛(べこ)に似ていることから、べこ餅
と呼ばれるとのことですが、ここのは全部黒ですねぇ。材料が黒砂糖というので、
激甘かと思ったけど、それほどでもなくなかなかおいしかったです。

P1100974
ちなみに、このお店ではこんなものも売っています。その名も「いかもなか」。

P1100975

森駅の「いかめし」は駅弁の定番ですが、「いかもなか」も函館土産の定番と
なるよう、がんばって欲しいものです。(笑)

P1100476

さて、スーパーホテル函館にチェックインした後、夕飯を食べに赤レンガ倉庫
方面へ。海峡通りというところが、いかにも北国を連想させてくれます。

P1100479

ライトアップされたレンガの建物。これは旧函館郵便局舎。

P1100480

明治44年(1911)に完成、とのことなので、今から102年も前に建てられました。

P1100489
こちらはレンガ倉庫を改装したものなのか、模したものなのかはわかりませんが
ベイエリアの飲食店街。

P1100486

函館に来たからには美味しい海鮮丼を。ということで、ベイエリアにあるこの
お店へ。

P1100487

注文したのは三種お好み丼。ウニは苦手なので、カニ、イクラ、イカの三種。
写真では大きく見えるけど、実際は「これミニ丼?」と言ってしまいそうな位
小さなどんぶり。う~ん、お味はまぁまぁなのだけど、ちょっと物足りず…
ここは夜は居酒屋風の営業形態なので、やはり函館朝市にある本店に行かないと
ダメかな~。(^_^;)

P1100473
宿泊した部屋。2段ベッドのようなロフト付きでした。

P1100497

こちらがスーパーホテル函館のウリのひとつ、天然温泉「漁火の湯」。誰も
いなかったのでパチリ。

P1100498

洗い場は3名分しかありませんが、部屋のユニットバスと比べれば、ゆったりと
入浴できます。

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その11)に続く

                         平成25年12月21日 (記)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
ここも
人がいない(ばき)
メインはホテルのお風呂と2段ベッド?クハネ582(意味不明)
2013/12/23(月) 06:46:11 | URL | イチロー #- [ 編集 ]
Re: ここも
> 人がいない(ばき)
> メインはホテルのお風呂と2段ベッド?クハネ582(意味不明)

地方の夜は早い!?(ばき)
やはり、ユニットバスよりも大浴場のほうがいいですね。
パンタ下も…急行きたぐに。(ばき)(意味不明)
2013/12/23(月) 12:49:01 | URL | yohnen #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ