「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
函館市電、あれこれ。(動画追加)
江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その12)

■平成25年(2013) 11月28日(木) 気温 1.6℃(函館)

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅(その11) からの続き。

函館の通勤・通学はもとより、観光の重要な足でもある函館市電。
最盛期には6路線、計17.9km(12系統)もの路線長がありましたが、乗客の減少に
伴い次第に路線を縮小。現在は4路線10.9km(2路線)にて運営しています。
ちなみに函館市電というのは通称。元々はその名の通り、函館市交通局でしたが
平成23年(2011)に水道局と統合され、企業局交通部となりました。

P1100507
函館駅前停留所。5系統は「函館どっく前~湯の川」を結んでいます。
昔ながらの正統派路面電車の面持ち。

P1100551

同じく5系統。函館どっく前行き。

P1100553

JR函館駅前にて、5系統と2系統(谷地頭~湯の川)のすれ違い。

P1100554

正面には顔が描かれている~。(笑)

P1100556

函館駅前にて、2系統の湯の川行き。

P1100662
2系統(谷地頭~湯の川)、谷地頭行き。(末広町停留所)


函館市電いろいろ。(動画) (H26-1-2追加)

P1100541
函館駅前の交差点にて。

P1100548
その交差点脇に「函館市道路元標」なるものがありました。

P1100549

北海道各地へ向かう国道の原標となっています。

P1100536
さらに同交差点の向かいにあるWAKOビル。

2013-11-28 10.30.30
一度訪れてみたかった「北海道鉄道博物館」。

P1100550

残念なことに和光ビルの建て替えに伴い、閉館。う~ん、残念!

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その13)に続く。

                         平成25年12月29日 (記)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
乗って
谷地頭温泉(やちがしら)に行かないと!!
自分は行きました。20年前に・・・(ばき)
2013/12/30(月) 23:34:32 | URL | イチロー #- [ 編集 ]
Re: 乗って
> 谷地頭温泉(やちがしら)に行かないと!!

函館メインの時は行きたいですね。
前回の函館訪問時は湯の川温泉に泊まりました。
2013/12/31(火) 00:10:55 | URL | yohnen #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ