「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
函館撤収 -SLはこだてファンタジー号試運転のおみやげ付き-

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その15)

■平成25年(2013) 11月28日(木) 気温 2.5℃(函館)

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅(その14) からの続き。

塩ラーメンを食べてお腹も満たされたところで、そろそろ函館を撤収です。

P1100683
新青森行きのスーパー白鳥に乗るため函館駅へ向かうと、何やら見慣れない
列車が停車中。

P1100685
こげ茶色のディーゼル機関車に…

P1100688
お~懐かし~。車掌車ヨ3500だ!(^o^) ということは、この列車は…

P1100691
予想通り、SL列車だ。

P1100693
でも、肝心なSLが見当たらず、と思ったら。。。

P1100700
機関区の方からSL、C11が回送されて来ました。

P1100701
連結完了。


SLはこだてファンタジー号試運転準備中。

P1100704
C11はタンク式機関車と言って、運転室の後ろに直接石炭と水を積載し、機関車
の後ろには石炭と水を搭載する炭水車を連結していません。それゆえ小回りが
利くので操車場での入れ換えやローカル線での列車牽引などに使用されていま
した。

P1100705
名残惜しいですが、発車の時刻が迫ってきたので列車に乗り込み、撤収。

P1100698
スーパー白鳥に乗って函館ともお別れ~。

P1100713
函館を出発して間もなく、雪が降り出してきました。

P1100731
少し時間に余裕があったので、青函トンネルを抜けて最初の停車駅である蟹田駅
で途中下車。ちなみに隣の中小国駅がJR北海道と東日本の境界駅です。

P1100734
蟹田駅では貨物列車が行き違いのため停車中。青函トンネルを含む津軽海峡線は
物流の大動脈なので貨物列車が多数走っています。

P1100736
待合室へ行ってみると、カリスマならぬカニスマ駅長のポップが鎮座。
津軽蟹夫だって。(笑)

P1100737
カニスマ駅長室の模型。なかなか芸が細かくてよろしい。(ばき)

P1100738
昔懐かしい木造駅舎。数年前にリニューアルされて、外壁が白からこの色に
なったそうです。

P1100742
駅前には道の駅風な店舗、その名も「駅前市場ウェル蟹」があります。

P1100743
生鮮野菜や海産物、土産品などを売っています。他にはちょっとした軽食も。
なんか熱帯魚みたいな魚も売ってました。

P1100744
この施設は原発関連事業の補助金で造られたんですね。なるほど~。

2013-11-28 16.56.28
蟹田からスーパーじゃない白鳥で青森へ。国鉄型の485系も引退が進み、あと数年
で見納めかな。


2013-11-28 17.07.40

青森駅前のロータリー。以前は片隅にあったバスのりばが、いつの間にか広く
なっていました。聞くところによると、東北新幹線が新青森まで開通した時に
整備されたそう。

2013-11-28 17.14.16
寝台特急あけぼの発車までの間に駅から徒歩10分ほどのところにある「青森まち
なか温泉」へ。ここ、駅から近くて安いので青森へ来た時はよく利用します。

江差線と寝台特急あけぼの乗り納めの旅 (その16)に続く

                                                     平成26年 1月1日 (記)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
本州
蟹田駅はせっきーも寄ってます。
北海道側と本州側では空気が違ってましたか?
新幹線が出来ても青森駅は、やはり顔ですね。
2014/01/03(金) 14:36:14 | URL | イチロー #- [ 編集 ]
Re: 本州
> 北海道側と本州側では空気が違ってましたか?

 空気読めないので…(ばき)


> 新幹線が出来ても青森駅は、やはり顔ですね。

 緑色のひらがなで書かれた「あおもり」の看板が昭和のレトロ感を
 醸し出しています。
2014/01/03(金) 14:48:34 | URL | yohnen #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ