「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
TOKYOウォーク2011-第3回 国立・府中エリア-②
■平成23年(2011) 9月17日(土) 晴れ 気温 30.2℃  歩いた距離 21.4km

TOKYOウォーク2011-第3回 国立・府中エリア-① からの続き。

P1090431
大國魂神社の参道を北上し、現甲州街道を右折して都心方向へと進みます。
しばらくすると、右手に京王線の府中駅が見えてきます。三角形のガラス張りの部分が
なんとなく昔の国立駅の屋根を思い出させます。

P1090433

日本橋まで30km。長距離ウォーカーの某Uさんなら朝飯前の距離です。(爆)

P1090435

しばらく甲州街道を歩いた後、左折して到着したのは『府中の森芸術劇場』。似たような
名前の公園を聞いたことがあるなぁ・・・と思ったら、多摩川沿いにあるのが『郷土の森
公園』でした。

P1090437

裏手は府中の森公園。

P1090438

住宅地を抜けて行くと、道はここで行き止まり。本来はこのまま直進するはずですが、
未完成の状態です。TOKYOウォークのコースも、いったん左折してすぐに右折という
具合に住宅地の間を迂回して行きます。

P1090441

やがて進行方向左手に見えてきたのが浅間山。「あさまやま」ではなく「せんげんやま」
と読みます。府中市内にこんな山があるなんて意外でしょ。

P1090444

ここが浅間山の入口。結構な坂道が続きます。

P1090452
ほう、浅間山は古多摩川などによって削られて出来たんだ。 古来から、多摩川は暴れ川
として有名でしたからね。

P1090453
浅間山の地図。残念ながら、コースは浅間神社には立ち寄らないです。

P1090448

おみたらし神社。

P1090450



P1090454

浅間山を下ったところにある公園に咲いていたキバナコスモス。

P1090455



P1090456

コースも終盤。ウォーク途中、自宅でくつろいで、まったりし過ぎてしまったnさん(笑)とも
合流して、ゴールを目指します。この写真は、nさんブログにも登場した某所の歩道橋。

P1090458

なでしこジャパンで大活躍の澤穂希選手の母校、府中第六小学校です。略して府ロクと
言うそうな。

P1090459

地元のnさんのガイド付きで歩いているので、地元民ならではのネタも。これは地元でも
有名なお菓子屋さん。

P1090460

まいう~なお方とは無縁(たぶん)のラーメン屋。(笑)

P1090461

武藏国分寺跡。

P1090462

現在、歴史公園の整備が進行中だそうで。

P1090463



P1090464



P1090467

武藏国分寺の楼門。

P1090469

武藏国分寺。ここは昨年2月の京王・西武合同ウォーク で立ち寄ったので、軽~くスルー
しました。(^^ゞ

P1090470

武藏国分寺から先は、お鷹の道に沿って歩きます。

P1090471

ここにはほたるがいるそうです。ほたるの幻想的な光を見てみたいな。

P1090474

ヲタではない、おたカフェ。

P1090475

時間があるときに立ち寄って、ゆっくりとくつろぎたいですね。

P1090476

この日は「国分寺いまむかし写真展」と称して、とても懐かしい写真の数々を展示して
いました。

P1090478

のびり散策するにはもってこいの道。
P1090479

真姿の湧水群の言われ。

P1090480



P1090481

滾々(こんこん)と湧き出る湧水で出来た真姿の池。

P1090484

これが源泉。ここから湧き出てきます。水を汲みに来ている人がいました。

P1090485

最後の最後で急な階段の試練が。。。ここを登れば、ゴールは
もうすぐです。

P1090488

武藏国分寺公園に戻ってきました。

P1090489

ミスト噴出中。見ているだけも涼しげな気分になれます。

P1090490

メイン会場に到着~

P1090491

ゴ~ル~\(^o^)/

P1090494

スタートのときはいなかったライオンちゃんを発見。ライオンちゃんのしっぽ。
(誰かのブログでも別のキャラクタの後姿を撮ってたなぁ。完全に被っとります。(ばき))

P1090495

ライオンちゃん、ゴールしたよ~(^o^)

P1090496

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。28633歩でした。

ゴールのあとは、nさんの車で温泉温泉 へ行き、毎度おなじみの反省会 。(って、いったい何を
反省するんだか・・・(爆))

コース図20110917
今回のコースはこんな感じ。国立と府中にまたがって、グル~リと廻っていたことが良くわかります。
今回のコース、谷保から府中まで、国道20号をひたすら歩くだけと言うのは芸が無かったなぁ。
もう少しひねりの効いたコース設定には出来なかったのかな?

TOKYOウォーク、次回は都内神宮外苑周辺にて開催される予定です。

                                             平成23年9月19日 (記)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
1 ■かなり濃厚な
東京ウォークですなぁ♪
浅間山には地図にもありましたが《ムサシノキスゲ》という花が群生してるんですが、この花はこの浅間山にしか生息してない花なんです!

5月頃に咲く花ですので今度その時期にいらしてみて下さい。とてもキレイな花ですよぉ~~~~♪(* ̄Oノ ̄*)

このヘンは母校の近くですからよく練習でランニングしてましたε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ
2011/09/19(月) 23:32:49 | URL | ツル #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■そっかぁ
芸がないコースだったんだぁ(笑)
地元のしとが言うんだから芸がないんだろうなぁ。

個人敵には歩道が狭くて歩きづらいところが散見下のが気がかり。
もし来年もこのエリアを含むのならもう少し考えた方がいいかも。
といっても地元民で話すのでそれなりには楽しめますた
2011/09/19(月) 23:46:50 | URL | うーみん #79D/WHSg [ 編集 ]
3 ■Re:かなり濃厚な
>ツルさん
今回のコースは後半の方が見どころが多かったですね。
浅間山限定品種の花があるとは知りませんでした。来年見に行ってみようっと。
2011/09/20(火) 00:12:24 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
4 ■Re:そっかぁ
>うーみんさん
確かにねぇ。あの歩道の狭さは歩きにくくて困りました。
ちなみに国道20号は歩道もさることながら、車道も狭くて、
車でも走りづらいんです。
今でこそ交差点に右折レーンがあるけど、それとて無理
やり設置したので、直進レーンも含めて幅が狭く、大型車
には鬼門です。(昔は右折レーンが無かったので右折車
があると、即渋滞)
3桁国道でも中央分離帯完備、右折レーンもしっかり設置
されていて走りやすい国道246号とは大違いです。
2011/09/20(火) 00:21:44 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
5 ■まとめて高札(考察ばき)
1、たまらん坂、反対の車線なら碑があったのです。
2、国立駅、三角屋根復活するか疑問です。JRはやる気ないし(ばき)仮に復活してもメンテは誰がやるの?費用は?(おそらく税金)までしてするかなんですよね。
もはや情では無理な時代なのかな。
3、府中駅地平じゃないの?(ばき)
4、水は汲まなかったのですか?
5、道の狭さ、どこかの新青梅や新奥多摩でもありますね。
6、今回、結構記事(写真)割愛したでしょ?
2011/09/21(水) 00:46:32 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
6 ■Re:まとめて高札(考察ばき)
>イチローさん
まとめて亀レス。(ばき)

1、たまらん坂、反対の車線なら碑があったのです。
 →見落としました。Uさんはしっかり写真撮ってましたね。

2、国立駅、三角屋根復活するか疑問です。JRはやる気ないし(ばき)
  仮に復活してもメンテは誰がやるの?費用は?(おそらく税金)まで
  してするかなんですよね。もはや情では無理な時代なのかな。
 →いっそのこと、小金井公園の古民家園に移築する!?(ばき)

3、府中駅地平じゃないの?(ばき)
 →いつの時代~意味不明~(ばき)
 
4、水は汲まなかったのですか?
 →ホントは湧水の中に入ってはいけないようです。

5、道の狭さ、どこかの新青梅や新奥多摩でもありますね。
 →新青梅街道の村山付近は拡幅の計画があったはずだけど、
  どうなったのかな?

6、今回、結構記事(写真)割愛したでしょ?
 →3次選考、4次選考までやりました。(ばき)
2011/09/28(水) 01:21:55 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ