「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
開運!蒲田から池上七福神を巡る ②


■平成26年(2014) 1月19日(日)  気温 6.7℃ 風速 8m/s 歩いた距離 11.0km

大雪あり~の、ハマ線新型車両の記念きっぷ発売あり~のと、すっかり間が
あいてしまいましたが、「開運!蒲田から池上七福神を巡る①」からの続き
です。

P1120073
池上本門寺一帯は高台の上に位置するので、少し歩くとこんな見晴らしのいい
場所へ出ます。急な階段を下ってコースを進みます。

P1120075

続いては恵比寿様の養源寺へ。

P1120076

境内にはお茶のセルフサービス。

P1120078
恵比寿様はどこ? この玄関の中にお出でです。

P1120077

これ、夜間は片付けるのかしらん?(^_^;)

P1120080

恵比寿様をお参りした後は、再び池上本門寺前の総門前を経て弁財天様へ。

P1120081

弁財天様の厳定院。

P1120082

おや、この高架線路はもしや…(^o^)
と、その前に。。。

P1120100
池上梅園へ。まだちょっと時期が早いかなぁ。(^_^;)

P1120083

結構、奥行きがあって広そうです。

P1120087

全然咲いていないかとも思ったけど、チラホラと咲いていました。

P1120088

雪による枝折れ防止の釣りかな。

P1120089

やっぱり池のある風景はいいですねぇ。

P1120091

頭上注意。ってか、ほとんど目の高さなんですけど。(^_^;)

P1120096

園内の斜面を登って行くと、見晴らしのいい展望台が有ります。先ほどの高架
線路も見えます。

P1120098

こちらはまだつぼみ。

P1120097
写真ではわかりづらいけど、ほんのと淡いピンク。

P1120101[8]
先ほどの高架線路は、都営浅草線の引込線でした。この先の馬込車庫つながって
います。

P1120102

浅草線の引込線にそって、国道1号線を北上します。

P1120103

そして、馬込車庫といえば線路を跨ぐ歩道橋が格好の鉄ポイント。以前から一度
来てみたいと思っていたところです。ついに念願成就!池上本門寺のご利益か!?

P1120107

昼間はラッシュ時のお役目を終えた電車さんが多数お昼寝中~。(^o^)

P1120112

左のトンネルは本線へと続く線路。この前に浅草線の終点、西馬込駅があります。

P1120113

馬込車庫を眺めたあとは馬込文士村商店街へ。文士村とは、かつてこの地に多く
の文豪たちが住んでいたことから名付けられた名称。

P1120114

大田区立郷土博物館。この手の博物館・資料館って、無料で見学できる上に、
結構おもしろい展示物があったりするので、侮れません。

P1120115

管内は一部を除いて撮影OK。これはかつて多摩川で盛んだった砂利運搬船の模型。
多摩川の川砂利はとても良質だったので、建設材料としてとても重宝されました。
それらの砂利を運搬するために当初は船が使われていましたが、時代と共に鉄道
貨物が利用されるように。そのために敷設された鉄道が、JR南武線や現在の武蔵
野線の一部となった下河原支線、西武鉄道の多摩川線です。全盛期にには、何本
もの支線が現在の線路から分岐して多摩川の河原近くまで延びていました。
ただ、あまりにも乱採取され過ぎてしまったため川底が低下、各地の橋脚が傾い
てしまうなどの被害が発生したため、昭和39年に川砂採取が全面禁止されました。

P1120117

多摩川の断面(傾斜)を表した模式図。上流から中流(羽村市付近)までの傾斜が
物凄く急であることがわかります。

P1120118

大田区大森の獅子舞。

P1120119

これは二ヶ領用水から分岐する六郷用水の水路を記した地図。水路が網の目の
ように張り巡らされていたことがわかります。この用水によって、この地の
農業が飛躍的に進展したそうです。

P1120120

明治14年の大田区(当時は大森区)の土地利用図。水田(黄色い部分)が大多数を
占めています。

P1120121

昭和10年になると、一転住宅(赤い部分)がほとんど。大正12年に発生した関東
大震災をきっかけに、都心部から郊外へと住居を移すことが時代の趨勢でした。
(当時はこの辺りでも十分に郊外)

こんな感じで、大田区立郷土博物館はとてもおもしろくて、1時間近く滞在しま
した。

P1120123

東京都内にはとても多くの坂道がありますねぇ。それぞれに名前が付いている
こともすごい。

P1120126

この辺りには「臼田姓」の人が多く住んでいたそうな。

P1120128

環七通りに出ました。

P1120130

池上通りとの交差点を左折して、ゴールの大森駅方面へ。

P1120132

ウィロード山王商店街。日も傾き、すっかり影の商店街に…

P1120133

ゴ~ル~ \(^o^)/ 今回のゴールは大森駅ではなく、商店街の一角にある
アキナ山王亭という無料の休憩処。実は、ココの場所がとてもわかりづらいと
クレームがついたらしく、スタート時には「ちょっとわかり辛い場所なので
気をつけてね」的な趣旨のチラシを手渡されました。(^_^;)
suicaのペンギンちゃんのポップも、ゴールの目印として途中から設置された
ようです。このポップ、本来はモバイルSuicaの宣伝看板デス)

P1120134

さてさて、今日は何歩かな? じゃん。16090歩でした。

P1120135

せっかくの休憩所なので甘酒と酒まんじゅうを頂きました。まんじゅうは最後
の1個だったらしく、買ったら売り子のおねーさんが完売したことを他の店員
さん達と大喜びしていました。(いつも売れ残ってしまっていたの!?)
甘酒は、某チーバな薄~いヤツとは違って、生姜の入った濃いお味で、とても
美味しゅうございました。生姜の風味と香りがグー!(^o^)

しばし休憩したところで撤収。大森駅へと向かいます。

P1120138

大森駅にほど近いところで昭和レトロなホーロー看板を発見!
ボンカレーの看板、懐かしいですねぇ。東芝のマツダランプ
の看板は、本物を初めて見ました!
ここまで来ると、やはり「水島弘のハイアース」と、「由美
かおるのアース渦巻」の看板も欲しいところ。(爆)

P1120140

大森駅前にある文豪マップ。当時、とても多くの文豪たちが移り住んでいたこと
がわかります。


今回のコースはこんな感じ。微妙にこの辺りは歩いたことのないエリア。
見どころの多い良コースでした。 それにしても、この日は風が強かった~!
気温6.7℃というだけでも寒いのに、体感温度は2~3℃くらいの激寒でした。(>_<)

おしまい
                          平成26年2月27日 (記)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
考察
①車庫のところ、レール幅広いですね。
②博物館、資料館の滞在時間が長いですね(ぼそ)
③ゴール場所、駅だと狭いからできない、のかな?
④買ったおまんじゅう、イラストがア〇パン〇ンミタイ(ばき)
⑤看板、男性急募、何だろう。
2014/02/28(金) 22:19:35 | URL | イチロー #- [ 編集 ]
Re: 考察
>イチローさん
①よく気が付きましたね。マニアですか?(爆)
②スタートが遅い時はゴールの受付終了時間が気になります。(ばき)
③確かに広くはありませんが、受け付けできないほど狭くも無いかと・・・
④ア〇パン〇ンというよりは、ふ○っしーミタい。(ばき)
⑤これもまたよく気が付きましたね。怪しげな看板です。(笑)
2014/03/02(日) 21:30:13 | URL | yohnen #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ