「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
さようなら、船の科学館③
■平成23年(2011) 9月29日(木) 晴れ 

さようなら、船の科学館② からの続き。

P1090988
続いては、タイタニック号の進水100周年を記念した特別展「タイタニック号展」
タイタニック号の設計図や、館内の豪華客室の再現など、貴重な展示がありましたが、
ここは撮影禁止なので写真はナシ。禁止の表示に気づかず、撮りまくってる人が大勢
いましたが・・・(ばき)

P1090995
nさんブログの記事にもありましたが、船の科学館内には東京湾の港内交通管制室が
設置されています。子供の頃に来た時にも、この施設あったのかな?

P1090989
管制信号の意味。

P1090993

東京港内の信号所は7箇所あるそうです。

P1090994

13号地というのは、この一帯の住所が確定する前の埋立地の名称。
長いこと「13号埋立地」と呼ばれていました。(住所がなかなか画定しなかったのは、
ご多分にもれず周辺自治体同士の縄張り争いがあったため) 

P1090996

道路交通情報センターの情報パネルみたいです。

P1090997

さて、続いては・・・ これは一体なんでしょう?

P1100006

船のラジコンです!

P1100007

さんふらわあもあるよ。

P1090999
中にはこんなものも。(笑) どくろマークが付いている~(笑)

P1100011

プールも屋内にあると思ってたけど、実は外にあったんだなぁ。
子供の頃、うまく操縦できなくて悔しかったけど、大人になっても難しかった~(^^ゞ
はい、しっかり100円投入して楽しみました。

P1100004
ラジコンプールの隣のデッキからはレインボーブリッジと東京タワーがよく見えます。

P1100017

さて、屋内展示に戻ります。ここからは日本の船と海運の歴史。

P1090985
ペリーの乗ってきた黒船。外輪船ですね。

P1100018

船の科学館公開休止にちなんだ特別展。船の科学館の歴史を振り返ります。

P1100019

まず最初に掲げられていたのはこの挨拶。そこには「リニューアルを果たし、再び皆様を
お迎えできるよう・・・」とあります。つまり閉館では無いということ? 必ずリニューアルを
果たして欲しいと切に願います。

P1100020

そして、今明かされる船の科学館開館秘話!?

P1100021

計画段階の途中で舞い込んだ豪華客船クイーンエリザベス号の売却情報。これはまたと
ないチャンスということで、計画を変更し、クイーンエリザベス号を購入して展示施設に加
える方針に。しかしながら、その矢先、国際収支の悪化から、「日本は外貨を確保する必
要があるので、計画を断念して欲しい。」と、時の運輸大臣から要請があり、この壮大な
計画は、夢と化したのだそうです。(船の科学館の建設主体は、購入する予算を持ってい
たのに・・・)
クイーンエリザベス号は、その後、香港の海運王に買い取られ、海上大学船として活躍
することに。しかし、その改装工事が施されている最中、大火災が発生して転覆・全損して
しまったそうです。もしも、船の科学館の展示施設として買い取られいたら・・・残念ですね。

P1100022

クイーンエリザベス号展示の夢が絶たれたあと、この博物館の名称を「船の科学館」とする
ことが正式に決定、建物の外観は船をイメージしたものとする方向で計画をすすめることに
なりました。つまり、「船の科学館」という名称は最初から決まっていたわけではなく、途中で
決まったそうです。(最初は「海事博物館」と称していたそうです)

P1100025

骨格が組み上がってきた船の科学館。

P1100026

完成間近の船の科学館。周りにはまだぬかるみも見られます。

P1100027

南極観測船宗谷の展示に関して、タロ、ジロ。これ、本物の剥製!?(違うよね(^_^;))

P1100028

宇宙博、見に行ったなぁ。(年齢がわかるね)

P1100029

三角形のパビリオンは、アポロの指令船を模したもの。

P1100030

そうそう、アポロ計画のサターン5型ロケットの展示が話題でした。他にも、月の石の展示
もあり、大人気だったなぁ。

P1100035

最後に、メッセージを記入・投函するコーナーがありました。

P1100034
書かれたメッセージはこのポストカプセルに入れて保管されるそうです。
リニューアルオーオープンのときに開けるのかな? それとも開館○○周年のとき? 

P1100042

せっかくなので、館内のレストランで食事しようと思ったら、「本日の営業は終了しました」
15:30まででした・・・残念。

P1100043

続いては、操船シミュレーションコーナー。以前、どこかで似たようなものをやったこと
ありますが、船の操船でと~っても難しかったです。

P1100046

昔の船の速度の測り方。なるほどね~。考えた人、頭イイね。 

P1100048

かつて使われていた無線通信機器。このへんのことはnさんブログに詳しく書かれている
ので省略。

P1100047
モールス信号は12年前の平成11年(1999)、お役ご免に。

P1100049

展望デッキからみた旧青函連絡船羊蹄丸。本館を見終わったあと、見学します。

P1100054
船の交通管制信号。わかりづらいですが、“F”と点滅中。

P1100053

“F”の点滅は「5000トン以上の船舶は入出港禁止、その他は入出航可」。
(@東京港東航路。西航路は25000トン以上)

P1100055

船の科学館の操舵室。本物の船じゃないけど、ここまでこだわっています。

P1100056

操舵室から見た眺め。本物の船みたい。

P1100059

夕日モードで。

P1100060

海の神様かな。

P1100061

こんな情報も。汐の満ち干は船らしい情報。
この日の日没は17:29。すっかり、日も短くなりました。

P1100062

やっぱり気になる本物のレーダー。レインボーブリッジ(右側にある“9の字”状の陰影)
がくっきりと表示されています。
P1100064

操舵室横のデッキからの眺め。 下の芝生の部分、以前はプールだったそうです。

P1100066

手前の緑はお台場に隣接した潮風公園。

P1100067

さて、このあとはいよいよ展望台へと向かいます。

さらに続く。
                         平成23年9月30日 (記)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
1 ■残念ながら
経済事情が一員とはいえ日本は船を使っての旅行が未熟だったためクイーンエメラルダス(ばき)が展示できなかったのもあるかも。
クルーズなんて贅沢旅行、お金があって余裕のある人が参加するから。年齢は高い。
敷居が高いんですよねぇ。
2011/10/02(日) 00:13:36 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■Re:残念ながら
>イチローさん
計画では保存・展示するとともに、洋上ホテルにもするつもりだったようです。
ちなみに東京に持ってくる前に、日本万国博覧会に協賛して、神戸港
で洋上ホテルとして使用し、博物館建設資金を調達するという、実に
巧妙かつ壮大な計画だったそうです。
実現せず、残念な限り。
2011/10/02(日) 16:37:46 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ