「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
渋沢栄一のふるさとを歩く②
■平成23年(2011)11月13日(日) 晴れ 気温 20.3℃  歩いた距離 21.4km

その①からの続き。

P1010192
豚汁を2杯食した後はこちらへ。これは工場にあった旧変電所跡。これも煉瓦造り。

P1010191


P1010189
続いては変電所の隣にある資料館へ。

P1010206
ここは旧事務所を転用したものです。

P1010198
マニアにはたまらない工場のジオラマ。(笑) 手前の専用線を蒸気機関車の引く貨物
列車が走っています。う~ん、芸が細かい。

P1010194

製品運搬用の貨物専用線が工場内を縦横に走っていたことがわかります。

P1010201

日本煉瓦製造の歴代社長の肖像写真。

P1010202

操業当初は、利根川の水運を用いて東京まで煉瓦を輸送していたそうです。しかしながら
水路ゆえ安定性にかけるため、安定かつ大量輸送の可能な鉄道の敷設が望まれていた
そうです。

P1010204

こちらは日本煉瓦製造製の煉瓦を用いて造られた建物の数々。どれもこれも歴史的価値
の高い建造物です。

P1010210
「駅からハイク」じゃないんですけど・・・ま、いっか。(^_^;)

P1010211

普段は金曜日に一般公開しているようです。でも、金曜日の10時~15時って、ずいぶん
ビミョーな時間帯なんですなぁ。

P1010214

旧日本煉瓦製造を出発してほどなく、小山川沿いの遊歩道へ。ここからしばらくは川沿い
にてくてく。

P1010220
続いてやって来たのは渋沢栄一氏の喜寿を記念して現在の東京都世田谷区瀬田に建て
られた「誠之堂」。お役御免後、解体されそうになりましたが、渋沢栄一氏の故郷である
深谷に譲渡され、こうして保管されることになりました。

P1010219


P1010221

内部はこんな感じ。

P1010222

出窓が素敵です。

P1010224

廊下の窓に設けられたステンドグラス。 

P1010229

こちらは清風亭。大正15年、第一銀行2代目頭取である佐々木勇之助の古希を記念して
建てられたものだそうです。

P1010218


P1010231

埼玉県ウォーキング協会ご一行様もたまたまここで昼食休憩していたようで、賑やかでした。

P1010234

渋沢栄一フェスということで、休憩コーナーが設けられていました。

P1010236

菊のシーズンということで、ここでも様々な菊の花が展示してありました。

P1010237

これは変わった形の菊ですねぇ。

P1010238

淡い紫色もきれい。

P1010239

渋沢栄一フェスのスタンプラリーはこちらで。背後の建屋内では誠之堂と清風亭の移築
についての解説展示があるので、見ていくことにします。

P1010246
さっそく中へ。

P1010240

煉瓦造りの建物を解体、移築、保存するって、一体どうやったのだろうと、興味津々です。

P1010242

普通、煉瓦造りの建物を解体・移築する場合は、煉瓦ひとつひとつにバラすのですが・・・

P1010244

誠之堂、清風亭では工期とコストを削減するため、ブロックごとに切断・解体して移築した
そうです。

P1010245

煉瓦の切断に用いたカッター。デカい!

P1010251

切断した箇所。遠目に見たら気がつかないかも。うまくバラしたもんです。
他にも、解体のノウハウや、元に戻すときの工夫などについても解説があり、とても興味
深く見学しました。

P1010254

例によって、すっかり長居してしたのち、コースに復帰です。

P1010258

延々と広がるネギ畑。

P1010261

この河童、いかにも悪そうな顔してるなぁ。(笑)

P1010267

ちょっと変わった形の花。

P1010270

続いては尾高惇忠(おたか あつただ)の生家。

P1010271

尾高氏は渋沢栄一氏の従兄弟で、栄一氏の論語の先生だったそうです。

P1010274

煉瓦造りの蔵。

さらに、その③へと続く。
                                     平成23年12月12日 (記)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ