「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
TOKYOウォーク2012-第1回 品川・羽田エリア-①
■平成24年(2012) 5月26日(土) 晴れ 気温 24.8℃  歩いた距離 21.4km

一昨年、昨年と参加したTOKYOウォーク。いよいよ今年度も始まりました。
第1回、今回のコースは初お目見えの品川・羽田エリア。

P1000037
メイン会場は、大井埠頭中央海浜公園のくすのき広場。
最寄り駅は東京モノレールの大井競馬場駅ですが、混みそうなので別ルートで
現地入り。京浜急行の平和島駅からバス+徒歩です。(バスを使わずに歩いて
も30分程度です)

P1000038

9:40頃到着したので、それほど混んではいないかなぁと思ったけれど、侮る無
かれ、TOKYOウォークの人気は健在です。幸い、これは参加申し込み済みの
人たちの受付待ちで、当日参加の受付はそれほど混んではいませんでした。

P1000040

受付を済ませると、ちょうど2回目の出発式が始まりました。ひと通り、お偉い
さんの挨拶が済んだところで特別ゲストの岩崎恭子ちゃん登場。いや、もはや
“ちゃん”では失礼、“さん”ですね。バルセロナオリンピック水泳平泳ぎで金メ
ダルを取ってから早20年が経ちます。

P1000042

岩崎恭子さんも今回歩くとのことでしたが、あらら、最短のCコースですね。(^_^;)

P1000050

さて、混雑を避けて出発式が終わる直前にスタート。まだまだつつじが綺麗に
さいていますね。

P1000052

湾岸道路に沿っててくてく。上部を首都高速湾岸線の東海ジャンクションから
1号横羽線を結ぶ連絡路が通り抜けていきます。

P1000054

中央卸売市場の太田市場。土曜日でも、トラックやらフォークリフトが頻繁に
出入りしていました。

P1000055

埋立地でもこういう光景が見られるんですねぇ。下にいる人たちは何か採ってる
のか、と思ってましたが、nさんブログにとると「誰がコンタクトレンズを無くしたら
しい・・・」 それって、ホント!? ネタじゃないの~?

P1000058

羽田空港がすぐとなりにあるので、上空を頻繁に飛行機が通過して行きます。

P1000059

城南大橋を渡って、城南島へ。

P1000060

このまま直進すると、東京ゲートブリッジを通って新木場まで行けます。

P1000066

最初の休憩ポイント、城南島埠頭公園。

P1000068

またまた飛行機が上空を通過。最近のカメラの性能向上はすごいです。
オートモードでここまで逆光を補正してくれるんですねぇ。

P1000069

大きく旋回して木更津上空へと向かう飛行機。

P1000071

山積みされたコンテナ。日々の便利な生活はこうした物流のおかげで成り立っ
ているんですね。感謝です。

P1000072

城南島と大井埠頭を結ぶ城南野鳥橋。東京港野鳥公園に隣接しているからか、
このような野っ原が広がっています。

P1000074

橋の反対方向を望むと、東京ゲートブリッジが見えました。

P1000076

お~、壮観ですねぇ~。標識もトラックも。

P1000079

この辺りから、各バース毎に色分けされた標識。わかりやすくていいですね。

P1000083

キティちゃんのリュック(キティちゃんの人形付)、かわいらしいですね。(=^・^=)
某Uさんお得意の“後ろ撮り”を真似てみました。(爆)

P1000088

右手に第5バースが見えてくる頃・・・

P1000090

左手には線路が見えてきました。東海道貨物線かな、と思ったけど、臨海高速
鉄道りんかい線の八潮車両基地への引込み線でした。

P1000091

りんかい線の線路はこの先で地下に潜り、天王洲アイル付近で本線に合流
します。

P1000093

こちらは東海道貨物線の踏切。ところで、救援センターって、何?

P1000095

(・・?はて、このトンネルのようなものは何?

P1000096

ほう、いつの間にかこんな施設が出来ていたんですねぇ。知りませんでした。
さっきのトンネルも訓練施設のひとつのようです。

P1000098

ミニミニサイズの駅。ホームの長さは車両1両分のようです。ホームドアも設置
されていますね。

P1000101

左側の白い砂利敷きの線路部分が技術訓練センター。その右手、中ほどが
JR貨物の東京貨物ターミナル駅。そして1番右が東海道新幹線の大井車両
基地とその引込み線。ここは今回のコースで2番目に楽しみにしていたところ
です。じゃあ、1番目はどこ?(ばき)


左奥から右手前の順に、
 ①内方分岐
 ②片渡り付交差(シングルスリップ・スイッチ
 ③交差(ダイヤモンド・クロッシング)
 ④片渡り線(シングルクロス)
 ⑤両渡り付交差(ダブルスリップ・スイッチ)
ポイントのオンパレード。 う~ん、線路マニアにはたまらんち。

P1000107
お~、絶妙なタイミングで新幹線(回送車両)がやって来ました。

P1000109

この奥にある大井車両基地へと向かっていきます。

P1000112

ずらりと並んだ新幹線。
P1000115

鉄ポイントの隣に見えるのは首都高速湾岸線の大井ジャンクション。
お~、何やら新しい高架橋が見えますよ!

P1000120

そう、ここ大井ジャンクションは今回のコースで1番楽しみにしていたところ。(爆)
この真新しい高架橋は目下鋭意建設中の首都高速中央環状品川線なのです!
これは池袋・新宿方面から湾岸線方面へと向かう内回り線ですね。

P1000125

中央環状品川線はここから地下へと潜っていきます。

P1000126

歩道橋の下がちょうどトンネルの出入り口!

P1000127

一般道の交差点の下を通り抜けて・・・

P1000128

その先で完全に地下に潜ります。壁で囲まれた部分はトンネル掘削用シールド
マシンの発進立坑かな。

P1000132

一方、湾岸線から品川線外回り(新宿・池袋方面)の本線は写真の分岐部分の
下で地下に潜り始めています。つまり2段構造です。

P1000141
ちなみに大井ジャンクションの一部は、箱崎ジャンクションの渋滞を解消する
ために一部が先行して造られ、湾岸線西行きから横羽線の上り線への連絡
路として使用されています。レインボーブリッジが完成するまでのつなぎのつも
りだったのかも知れませんが、そのレインボーブリッジがよく渋滞するので、今
でも迂回路としての機能は十分に発揮しているようです。

P1000138
さて、AコースとBコースはここで分岐。10kmのBコースは運河に沿ってこの下の
道を南下していきます。

P1000147
雨の日、ポンプくんは頑張っているそうです。

P1000149

そのポンプ所に隣接の公園内を抜けていきます。

P1000150

ミッフィーをかたどった植栽。

P1000152

手造りなのだそうです。

P1000158

この公園はミッフィーづくし。遊具の機関車にもミッフィー。

P1000161

フジテレビのマークがあるけれど、このビルはニッポン放送の社屋かな?

P1000163

海岸通りと山手通りはこの交差点が起終点なんですねぇ。ちなみに、この区間、
山手通りの北品川1丁目交差点から湾岸線の八潮2丁目交差点までって、いつ
の間にか都道から国道357号線に格上げされていたようです。知らなかった~

P1000164

肉汁らーめんって、どんなのだろう。

P1000167

旧東海道との交差点に到着。この交差点、名前がいいですねぇ。
ここから旧東海道へと入ります。

P1000169
旧宿場町に必ずといっていいほどある交流館兼お休み処。

P1000170

駐車場も旧街道っぽく。

P1000171

看板も洒落てますね~。

P1000172
品川宿の南端より北品川方向を望む。ここは以前、血巡りウォークで歩きました。
もう5年も前のことです。懐かしいなぁ。

P1000174
ちょっと気になったバームクーヘン。食べたかったけどバラ売りは無いのかな?

P1000178

クリスタルキングならぬ、クリスタルヤング。しかも、よく見るとTOKYOではなく、
TOKIO。いいですねぇ、このシュールでベタなネーミング!? (爆)

P1000179
小学校の看板もお洒落~。(5年前も同じこと書いてた・・・(爆))

P1000181

今もこんな昔ながらの畳屋さんがあるんですねぇ。

P1000183

これは現代版の道標かな。

P1000184

この“旧東海道”の表記は味のある字体ですね。

P1000187

鮫洲だけに鮫のイラスト入り。

P1000188

このクネクネ感がたまらんちですか、nさん? (ばき)

P1000190

有名なお蕎麦屋さんなのかな? お昼時ということもあって、行列が出来て
いました。

P1000192
鈴ヶ森刑場跡の碑。

P1000191

この先は旧東海道を外れて、一般都道へ。

P1000200
一部歩道の整備された内川沿いに大森町方面へ。

P1000201

京浜急行の高架化工事進行中。完成すると平和島~六郷土手間が高架に
なります。

P1000205

またちょっとだけ旧東海道を歩きます。

P1000207

今日のニャンコ、3匹。

P1000209

人懐っこくて、喉をゴロゴロ鳴らしながら近づいてきました。

P1000210

こちらのニャンコちゃんは余裕の貫禄ですねぇ。

もう少しでゴールだけど、字数オーバーで保存できなくなったのでその②に続く・・・
(新しい編集画面って物凄く使い辛いねぇ~(-_-;))
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
1 ■ま、テキトーに。
1・フジテレビのマークがあるビルはフジテレビです(マジ)
正確に言うと「フジテレビ別館」なんだそうです。
もちろん本館はお台場のアレ。
ちなみにLF(コールサインで言うな(ーー;))の社屋は有楽町です。
一度、数年間だけお台場のフジテレビと同居したけどね。
さらにウンチク話をするラジオの文化放送とニッポン放送が共同で設立したのがフジテレビ。
式でたとえるとQR+LF=CXだ(笑)
その割には現在のQRはフジサンケイグループっぽくない気もするが。

2.TGB撮り損ねました(爆)

3.コースが面白そうじゃなかったら私鉄リレーウォークに行くつもりだったでしょ(爆)

4.うしろ撮りはできればアタマを切らずに入れてください(m_m)

5.イワキョーちゃんは自分のお子さんと一緒にCコース歩いたらしいですよ。
それにしても20年前かぁ、現在34歳(女性に嫌われるタイプ(爆))
2012/05/30(水) 21:25:40 | URL | うーみん #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■Re:ま、テキトーに。
>うーみんさん

1.ほほう、なるほど~あんなところに別館があったとは。φ(..)メモメモ
  ニッポン放送は有楽町でしたね~。思い出しました。
 
  >式でたとえるとQR+LF=CXだ
  あはは、化学式みたいだ。(爆)

2.注意して見なければわからないくらい小さかったからねぇ。

3.いかにも。カレンダーにはしっかりと「私鉄リレー」も書き込んでいました。(爆)

4.あくまでメインはキティちゃんリュックなので。。。(ばき)

5.へぇ~、お子さんも一緒でしたか。
2012/06/01(金) 00:38:25 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
3 ■出雲出雲そうですが・・・
タイトル名、早く記事完成してくださいね(ばき、意味不明~)
本当は、いつもいつも・・・です。何かというと、土曜日実施ですね。日曜はやらないのかなと。
駅バイや私鉄リレーウォークもですし。
さわやかバイキングは日曜が多いですね。

①道路標識『バース』阪神タイガースにいた選手ですね(ばき)
②ポイントの説明、1、2と番号ふってくださいね。私みたいに分からない人いるので(ばき)
③血めぐりブログ見ましたが今と違って、はしょってますね(ばき)
まだこの時点では私はブログありませんでした。(2008年4月8日から開始でした)
④北品川、2日(土)アド街で放送します。
2012/06/01(金) 00:43:01 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
4 ■Re:出雲出雲そうですが・・・
>イチローさん
①確か、家族のために退団して帰国しちゃった?
②またそんな。何をおっしゃいますやら・・・(爆) 
 めんどくさかったので手を抜きました。(ばき)
 (先ほど写真差し替え済み)
③まだウォーキング&ブログを始めて2ヶ月くらいでしたかれねぇ。(^_^;)
④なるほど。東海道ウォーカーは必見ですね。
2012/06/01(金) 01:26:09 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
5 ■私鉄リレー
私は私鉄リレーウォークに参加しました。
横浜市の北の丘陵地を歩きました。
途中、鉄町(^_^;)という所を通りましたが、
くろがねちょう と読むようです。
2012/06/01(金) 22:36:04 | URL | 山山 #79D/WHSg [ 編集 ]
6 ■Re:私鉄リレー
>山山さん
今年もリゲインは無しでしたか?(笑)
鉄町、横浜上麻生道路と環状4号線の交差点付近ですね。以前、車で通ったことがあります。
2012/06/02(土) 21:36:44 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
7 ■Re:Re:私鉄リレー
>yohnenさん
>今年もリゲインは無しでしたか?(笑)
はい。今年も無しです。
地図の裏には第一三共ヘルスケアの広告はあるのですけれど。
2012/06/02(土) 22:20:00 | URL | 山山 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ