FC2ブログ
「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
さわやかウォーキング -曽我の里梅林ウォーキング-

■平成23年(2011) 2月13日(日) 晴れ 気温 10.3℃ 歩いた距離 8.0km

【コース】下曾我駅→宗我神社→城前寺→澄前窟→曽我裕信宝篋印塔→六本松跡→見晴台→
      別所梅林→原梅林→下曾我駅


意外に思うかもしれませんが、JR東海主催の「さわやかウォーキング」は神奈川県下で
開催されることもあるんです。なぜなら、国府津~御殿場~沼津を結ぶJR御殿場線は、
JR東海の管轄だからです。

といったわけで、今回のコースは小田原にほど近い曽我の梅林を巡るコースです。
曽我の梅林は、約35,000本の白梅が植えられているそうです。天気に恵まれれば、
富士山、箱根連山、丹沢山等の眺めが素晴らしいとのことで楽しみです。


P1040614.jpg
小田急線経由新松田駅(JRは松田駅)でJR御殿場線に乗り換えると、
ナントICカードは使えません。御殿場線はエリア外なのねん。
2台しかない切符の販売機は長蛇の列でした。

P1040605.jpg
松田駅のホームからは富士山が拝めました。

P1040607.jpg
今日は空気が澄んでいてよく見えます。

P1040608.jpg
ちなみにホーム南端からは小田急線との連絡線が見えます。新宿からやって来た
特急ロマンスカーあさぎり号(新宿~沼津)はここを通って御殿場線と小田急線を
行き来します。

yohnenのブログ   「いや、それ、ちょっと・・・2」
スタートの下曽我駅に到着。ここからも富士山がよく見えます。
それにしても、やっぱりJR東海の電車はスマートでかっこいいなぁ。

でも御殿場線は、2~3両編成なのでイベントなどがあると大混雑!(ばき)

(この日も増結はナシ)

P1040615.jpg
一般の観光客といくつかのウォーキング団体が集まっており、駅前広場も大混雑。

110213_102518.jpg
ようやく受付を済ませて、いざ出発です。

P1040622.jpg
最初の立ち寄りポイントは曽我神社。あれ、よく見ると「宗我神社」と書いてあり
ます。字が違うぞ。

P1040624.jpg
続いては大光院。

P1040623.jpg


P1040626.jpg
門周囲の梅がきれいでした。

P1040628.jpg

P1040629.jpg
これは五郎の沓石(ふみいし)。ちょっとわかりづらいですが足跡の凹みがあります。

P1040630.jpg
石が凹んでしまうなんて、すごいですね。(笑)

P1040635.jpg
次にやって来たのは城前寺。

P1040637.jpg
参道の階段を登ったところに大仏様が鎮座していました。一見すると本堂よりも
大きく見えますが、撮影マジックです。(ばき)

P1040638.jpg
この大仏様は、赤穂浪士のひとり、吉田忠左衛門兼亮を祀って造られたものだそう
です。

P1040632.jpg
参道入口前からは富士山がよく見えました。

P1040639.jpg
そして見る方向を左に転じると、箱根の山々が連なっています。
中央の2こぶ山は、上二子山と下二子山です。まるで○っぱ○みたい!?(ばき)

P1040641.jpg
しばらくのどかな道をてくてく。曽我梅林へと向かいます。

P1040646.jpg
やっぱり梅はピンク色がきれいですねぇ。

110213_110740.jpg

P1040657.jpg
曽我梅林に到着。梅越しに富士山が見えます。

P1040656.jpg
曽我梅林の梅は食用なので白梅なんだそうです。

IMG_5015.jpg
ちょっと桜っぽい感じもします。

P1040661.jpg
曽我梅林の一角にある坂道をずんずん登っていくと、こんな洞穴が。

P1040660.jpg
澄禅という僧侶が、ここに篭って修行をしたそうです。

P1040663.jpg
洞穴はこんなに小さいです。

P1040670.jpg
澄禅窟の前からも富士山がよ~く見えました。

P1040684.jpg
途中からものすごい急坂になってきました。これでもかこれでもかと言わんばかりに
ずーっと続く坂道をゼェゼェ言いながら登っていくと・・・

P1040688.jpg
この絶景。\(^o^)/

P1040689.jpg
ん? ちょっと雲が出てきたなぁ。。。

P1040690.jpg
こちらは小田原市街方面。

P1040693.jpg
湘南平 越しに遠く三浦半島まで見渡せました。

P1040697.jpg
ここは六本松跡と言うそうです。

P1040700.jpg
六本松跡の石碑。

IMG_5016.jpg
白梅が多い中、ところどころ赤い梅も見られます。

IMG_5021.jpg
梅と富士山の両方に露出を合わせるのは難しいなぁ。(^_^;)

IMG_5033.jpg


IMG_5035.jpg


IMG_5043.jpg
ここは一本松といいます。その名のとおり、1本の松が植えられています。

IMG_5044.jpg
ありゃりゃ~ さらに雲が増えてきました。

IMG_5048.jpg
梅の写真、連発です。(笑)

IMG_5052.jpg


IMG_5055.jpg


IMG_5060.jpg


IMG_5064.jpg
枝垂桜ならぬ、しだれ梅!?

IMG_5066.jpg


IMG_5068.jpg


IMG_5071.jpg


P1040715.jpg


P1040716.jpg
見晴台。

P1040717.jpg
見晴台から見た富士山。さらに雲が・・・

P1040719.jpg
眼下にはJR東日本の国府津車両センター(車庫)が見えます。

P1040722.jpg
ここからは一気に下界へと下っていきます。 
あ~あ、富士山は完全に雲に隠れてしまいました。


P1040724.jpg
法連寺にやって来ました。ここにも梅がたくさんありました。

P1040726.jpg
道祖伸ほか、石碑多数。

P1040727.jpg


P1040728.jpg
いよいよコースも終盤、梅祭り会場に到着しました。
会場の一角では梅の苗木が売られていました。


P1040729.jpg
魅惑の露店ストリート。(ばき)

P1040738.jpg
梅祭り会場のメインイベント、流鏑馬~。 ここまで写真撮り撮りかなりのんびり
歩いていたので間に合うか危ぶまれましたが、なんとか実施時間に間に合いました。


P1040740.jpg
流鏑馬会場は御殿場線のすぐわき。狙ったかのように電車が通りました。(ばき)
ちなみに、これはJR東日本の電車(5両編成)。たま~に通ります。

P1040746.jpg
観客席は、地元の農家がご厚意で提供し下さった田んぼにブルーシートを敷いて
こしらえたものだそうです。



P1040742.jpg
すでに何度か競技(?)が行われてる最中で、今しがた走り終えた馬がスタート地点
に戻って来るところでした。競技者(って言うのかな?)は半数が女性でした。

P1040748.jpg
さて、準備も整い、始まりましたよ~

P1040750.jpg
惜しい!

動画はこちら。
    ↓
下曽我梅祭りの流鏑馬(失敗の巻) →※冒頭、一瞬音声が大きいのでご注意ください。
下曽我梅祭りの流鏑馬(成功の巻)

P1040753.jpg
これは出場したお馬さんを運ぶ車かな。

P1040754.jpg
ゴ~ル~\(^o^)/

P1040755.jpg
さてさて、今日は何歩かな? じゃん。12492歩でした。

P1040756.jpg
帰る頃にはどんより完全に曇ってしまいました。

コース図20110213.jpg
今回のコースはこんな感じ。
去年は確か駅ハイとダブって参加しなかったので今回が初めてのコースでした。
約35000本あるという梅林は見ごたえありの素晴らしいコースでした。

おしまい
                                 平成23年4月3日(記)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
1 ■梅
梅尽くしですね。
あそこの場所であの電車が通るのはなぜ・・・
やらせか(ばき)
2011/04/03(日) 19:09:18 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■Re:梅
>イチローさん
狙ったかのようにE231系が通りました。(ばき)
今回はデジ一眼も持って行ったので写真載せまくりです。
また画像フォルダが一杯になっちゃうな。(爆)
2011/04/03(日) 19:36:42 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ