FC2ブログ
「いや、それ、ちょっと・・・3」
とうとうWindowsLivewriterでの記事作成が出来なくなってしまったので、アメブロに見切りをつけ、FC2ブログに引っ越しました。といったわけで、装いも新たに新装開店です。
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
銚子ぶらり旅①

■平成25年(2013) 2月24日(日) 晴れ 気温 7.2℃ 風速19m/s 歩いた距離 13.3km

とあることがきっかけで、5年ぶりに銚子へやって来ました。
とりあえず行く場所としては、以下の3つ。

・銚子電鉄に乗る
・地球の丸く見える丘展望館
・銚子ポートタワー

詳細な計画は特に立てることもなく、適当気ままに歩いて回ります。

特急券
さて。とあるきっかけとは、コレ。一見すると普通の特急券ですが、
いったいどんな理由が隠されているのでしょう? わかるかな~。
(Iさんならわかるかも!?)

P1010757
といったわけで、東京駅からしおさい3号で出発です~。

P1010751

LEDのサボ(行き先表示)は味気ないなぁ。

P1010758
総武快速線は東京駅から錦糸町駅の手前まで地下を走ります。地上に出たところで
東京スカイツリーとご対面。


JR東日本の列車はチンタラ走ってまどろっこしいですが、錦糸町~津田沼間では
特急は最高速度130km/hでかっ飛ばします。(数少ない130km/h走行区間のひとつ)

P1010760

千葉駅を過ぎると、沿線にはのどかな風景が広がってきます。

P1010761

佐倉駅で総武本線と成田線が分岐。しばらくは総武本線の単線と成田線の複線が
並走する3線区間が続きます。

P1010763

ここが本当の分岐点。成田線の複線区間成田駅までです。

P1010767

成田線と分岐すると、のどかな単線区間が続きます。

P1010768

途中、強風のため一時徐行運転しましたが、数分の遅れで銚子駅に到着。
イルカさんに逢える町なんですねぇ。

P1010770

改札口では観光大使?のおねーさんがお出迎え。

P1010772

銚子へは総武本線の他、成田線経由で来ることも出来ます。ただし、列車の本数
は少ないので、総武本線経由の方が一般的です。

P1010773

こちらは成田線経由の電車。

P1010777

さて、いよいよ銚子電鉄の乗り場へ。JRのホームの先端に銚子電鉄の乗り場が
あります。

P1010779

数年前から房総半島全域がsuicaエリアになりましたね。ここにもちゃんとsuica
の簡易読み取り機が設置されています。

P1010780

少々メルヘンチックな駅舎。

P1010781

銚子から終点の外川駅までは片道310円。なので、往復する
だけでも弧廻手形(こまわりてがた)という一日乗車券を使
って損はありません。途中下車すれば、その分だけお得です。

こまわり切符
これがその弧廻手形。切り取って使ってしまいましたが、右下に銚子電鉄名物
ぬれ煎餅(1枚分)の引換券と、地球が丸く見える丘展望館の入場割引券が付いて
います。この切符は有人駅のほか、電車内で車掌さんから購入することも出来
ます。

P1010782

停まっていたのは… お~、懐かしい電車ですね。元京王の2010系です。京王で
廃車になった後、四国の伊予鉄道に譲渡され、さらに伊予鉄道で廃車の後、この
銚子電鉄にやって来ました。

P1010785

反対側は伊予鉄道譲渡時に新設された運転台付きの車両で、京王の5000系を彷彿と
させるデザインです。(最初、オリジナルの5000系かと思いました)

P1010788

銚子電鉄は営団地下鉄(当時)からの車両も購入しています。これは元銀座線用
(晩年は丸ノ内線の方南町支線で活躍)の2000形。仲ノ町駅構内に留置されてい
ました。

P1010789

車内の運賃表は全面LCDパネル。昔、バスなどの運賃表は幕式で、折り返し場では
クルクル回していたのと比べると隔世の感があります。

P1010790

LCD表示の特徴を生かし、駅が近づくとこのように大きな表示になります。さすが
バリアフリーな世の中です。

P1010791
途中の笠上黒生(かさかみくろはえ)駅で銚子行き上り列車と交換するため、
しばし停車。


P1010792

上り電車は、元営団地下鉄銀座線の1000形電車。かつては銚子電鉄のオリジナル
カラーでしたが、平成24年(2012)から銀座線カラーに塗り替えられました。

P1010794
終点の外川駅に到着~。

P1010796

このひなびた感のある線路がたまらんち。(ばき)

P1010802

外川駅構内では、河津桜が咲き始めていました。

P1010806

線路の末端部分。

P1010808

いいですねぇ。昭和レトロな雰囲気がなんともたまりません。

P1010811

時刻表もレトロ。古き良き昭和の時代を感じさせてくれます。

P1010812

自動改札全盛の昨今、鉄パイプだけで出来た改札口は、たまらなく懐かしいです。

P1010813

駅舎内には各種の鉄道グッズが展示されています。

P1010814

待合室からホームを見た感じ。

P1010816

出札口ももちろんレトロ。

P1010822

線路末端の車止め。路地に溶け込んでいる光景が最高にいいです。

P1010824

車止め越しに見た外川駅構内。


走り去る上り電車。

P1010829

電車が出発したあとの外川駅構内。この後次の電車がやって来るまで、しばしの
静寂が続きます。

P1010832

さて、外川駅を後にしてぶらりと海の方へと進むと、5分ほどでこの「外川ミニ
郷土資料館」に到着します。

P1010833

中には漁業の町を特徴付ける資料の数々が展示されています。

P1010834

大漁旗が漁業の町をアピールしているようです。

P1010835

銚子の地名の由来は、利根川の特徴的な形状(河口付近の川幅が狭い)から酒を呑む
ときの「銚子」に似ているところから発生したという説が有力なのだそうです。

長いのでその②に続く。

                        平成25年2013)3月2日 (記)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
1 ■何だろう
①切符の紙が変わった。②銚子行きではなく指定席の区間は実際は成東まで。③右下の*マーク
銚子電鉄色々な車両があるのですね。知っている限りでは古い車両のイメージしかありませんでした。
2013/03/03(日) 21:41:09 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
2 ■Re:何だろう
>イチローさん
①×
②×
③○(さすが、目ざといですね)
さて、それではこの*マークは何でしょう?
2013/03/03(日) 22:08:53 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
3 ■Re:Re:何だろう
>yohnenさん
多分クレジットカードで買っている事と関係しているのでは?わかるのはココまでです。
(ここからはおばかコメで)アイスの当たり棒のように、この切符は当たりです。次回同区間利用の際は無料ですと(ばき)
2013/03/03(日) 22:53:31 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
4 ■Re:Re:Re:何だろう
>イチローさん
残念ながらクレジットカードとは関係ありません…
さすがにこの手の切符は目にしたこと無いですかね。。。(^_^)
くじ付き切符のアイディアは面白いですね。どこかの鉄道会社、
やってくれないかな~。
2013/03/03(日) 23:10:35 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
5 ■Re:Re:Re:Re:何だろう
>yohnenさん
①株主優待券利用、②とくとくきっぷと関係があるのですか?、③で金券屋さん・・・と書こうとしましたがクレジットカード使えないからXでしたね。
わからんです。
2013/03/03(日) 23:44:34 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
6 ■Re:Re:Re:Re:Re:何だろう
>イチローさん
①× 株持ってません。あ、金券屋でも優待券買えますね…(ばき)
②全く関係ありません。(^^ゞ
③へへへ
ちょっとマニアック過ぎましたね。
正解発表は別記事で。(今世紀中に。(ばき))
2013/03/03(日) 23:50:23 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
7 ■これだろう
>yohnenさん
プッシュホン電話予約ですね。1月31日で終了しましたが発券は2月に入っても出来ましたね。
今はネットがあるから簡単ですが当時は画期的でした。今はサイバ〇ステーションが便利ですね。
2013/03/05(火) 22:14:56 | URL | イチロー #79D/WHSg [ 編集 ]
8 ■Re:これだろう
>イチローさん
おっと、ついにバレたか。。。って、別に隠してはいないか…(ばき)
人知れず、ひっそりと姿を消しました。予約済み指定券の引き換えは、
2/7が最終日でした。詳しくは、そのうち別記事で。
2013/03/06(水) 22:38:09 | URL | yohnen #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ